« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月

2009年6月30日 (火)

葛根田川(上流区間)

2009.6.30(火)

昨夜最終の新幹線「はやて」で、またまたやってきました。

「今朝もクボタロッジで”爽やかな”・・・」と書きたいところですが、あいにくの天気となりました。大雨ではないので釣りにはなりそうですが、前日は快晴だったようなので、魚の活性低下が心配です。

Imgp2084_2

今日もオーナーに案内して頂きます。今回も葛根田川ですが、今日はC&R区間ではなく、地熱発電所より上流部を目指します。

途中いつも眺める岩手山はすっかり雲に隠れていました。

滝の上温泉の車止めに駐車し、この先は徒歩になります。過去何回か、上流部を目指しましたが、いつも先行者がいたりして、途中で断念していました。今日は天候が悪いせいもあってか、我々が一番乗りです。

地熱発電所内をてくてく歩きますが、いつ来てもミスマッチな光景です。今日は雨のせいかいつもより水蒸気が多いような気がします。

Imgp2085_2

Imgp2087_2_2

橋の上から川を覗くと川辺から湯気が立ち上がっていたりします。

Imgp2088_2 

発電所を越え、ようやく入渓地点に到着しました。荒涼とした感じで秘境の様相です。

Imgp2089_2

すぐに釣りを開始です。開始早々にイワナが釣れて好調な予感がしました。始めのうちはコンスタントに釣れたものの、じきに反応が悪くなりました。その後、しばらくすると反応が戻り、ちょくちょく釣れるようになりました。今日は時間帯によって、釣れるようになったり、釣れなくなったりの繰り返しです。アベレージサイズは20cm前後、最大25.5cmでした。

Imgp2100_2

今回は大きな魚には出会えませんでしたが、渓谷美を堪能することができました。沢が滝になって流れ込んでいたり美しい景色が次々に現れます。

Imgp2103_2 Imgp2093_2

午後2:30頃終了し、車止めまでてくてく引き返しました。途中、路面で沢ガニを見つけました。

Imgp2106_2

オーナーと別れた後、下流のC&R区間に入りました。前回(6/19)に釣りを終えた場所から上流を釣り上がりましたが、ここも魚の反応はすこぶる悪く、23cm前後(1本)、10cm程度(2本)と貧果に終わりました。

最後の最後に玄武温泉上の堰堤(先月32cmのイワナが出た場所)前後を覗きましたが、前回より水量がかなり少なく厳しそうです。20cm前後1匹で終了。堰堤上のプールをチラッと見ましたが、ライズもなく釣れる気がしないため、一回もキャストせず終了となりました。

対岸の斜面を見上げると・・・・、人の顔のように見えませんか?

Imgp2107_2

最終の「はやて」で帰路に着きました。

今シーズンは例年になく、釣りを思いっきり楽しむことができました。今回でひとまず東北遠征は終了となります。家族を含め、クボタロッジのオーナーと奥様には特にお世話になりました。ありがとうございました。

でも、次回は7月中旬(約2週間後!)にまた遊びにきます。一家そろっての”家族旅行”なので、釣りは”こっそり”としかしませんが・・・・。

Imgp2104_2

2009年6月26日 (金)

フライ・タイイング

2009.6.26(金)

Imgp2076_2

皆が寝静まった頃、ようやく静かなひと時が訪れます。

今晩は久々にフライをタイイングしました。

ここ数年、夏場のパターンは決まっています。ボディを浮かせるタイプか、半沈みのパターンだけです。どちらも簡略化したもので、アダムスパラシュート・タイプか、写真のパターンです。サイズは#12と#14のみです。

以前はアダムスもきちんとハックルにブラウンとグリズリーを使用していましたが、今はグリズリー一枚です。釣果には全く影響ないように思えます。

今宵は「山崎(12年)」を片手に、BGMにグレン・グールドのゴールドベルグ変奏曲(バッハ作曲)を流しながら、心地よい時間を過ごします。

Imgp2080_2

2009年6月23日 (火)

近所の畑と公園

2009.6.23(火)

天気は曇っていますが、朝からムシムシして不快な一日です。予報では最高気温が32℃になるそうです。

火曜の午前は仕事がないので、いつもフラフラしています。元気があれば近くに釣りに行くのですが、東北釣行が続くこの2ヶ月、山梨県界隈への釣りはご無沙汰しています。

はるちゃん(3歳)を引き連れて、裏の畑と農業ふれあい公園へ散策に出掛けました。

裏の農家の畑ではこれから夏野菜が本番を迎えるようです。なす、きゅうり、枝豆、とうもろこしなどがたくさん育てられています。

Imgp2063_2

Imgp2065_2_2

Imgp2068_2

Imgp2066_2

隣の農業ふれあい公園では田植えが終わっていました。5m四方程度ですが水田が作られており、苗が植わっています。

Imgp2069_2

はるちゃんは人工の小川に興味を示していますが、水遊びに付き合うのは大変です。転んで服を汚しでもしたら妻のKに叱られてしまいます・・・。

Imgp2072_2

アジサイがきれいに咲いていました。

Imgp2071_2 

2009年6月21日 (日)

メランコリックな一日

2009.6.21(日)

東京では梅雨のうっとうしい毎日が続きます。今日も朝から雨、湿度も高く、過ごしにくい一日となりました。私も妻のKも、朝から眠だるくて、何となくボーっとしています。私の場合は釣りの疲れがたたっていますが・・・。

今日の午前は、さきちゃん(8才)のお菓子つくり教室です。さきちゃんの幼稚園時代の友達4~5人で参加していますが、それぞれの父兄が交代で車で送迎をしています。今日の迎えは私の担当です。今日のお菓子はロールケーキでした。

Imgp2058_2

午後は千葉の袖ヶ浦にある妻のKの実家に向かいます。

途中の首都高は事故だらけです。事故、事故、事故・・・という感じです。渋滞にはまりいつもより到着が大幅に遅れてしまいました。

Imgp2051_2

妻のKの実家の庭は管理が行き届いています。いつも四季折々の花が咲き並んでいます。私の自宅の庭も5~6年前からガーデニングを始めましたが、なかなか庭造りは進みません。根気のいる作業です。

Imgp2061_2

帰りは遅い時刻に自宅に向かうので、いつも渋滞なく順調に帰れますが、今日はやはりいつもと違いました。途中2ヶ所で事故渋滞に巻き込まれてしまいました。

私だけでなく、皆さんボーっとしていて集中力が低下しているのでしょうか?こういう日なのでしょう。

梅雨明けが待ち遠しいです。

2009年6月19日 (金)

岩手釣行<2日目>葛根田川&雫石川支流

2009.6.19(金)

快晴。

今日は昨夜遅く東京から新幹線で岩手にやって来た、私の幼少時からの恩師との釣りです。一緒に釣りをするのは、もうかれこれ6~7年振りとなります。

どこの川を釣ろうか迷いましたが、10年以上前に一緒に東北初釣行で来た葛根田川に行くことに決めました。5月下旬に良い思いができたので期待しての釣行です。

(1)葛根田川(午前)

天気は予報に反して晴れ。岩手山は雲に隠れていますが、今日も途中の牧草地では牛が気持ち良さそうに放牧されていました。

Imgp2001_2

開けた渓相はすばらしく、周囲のブナの原生林や崩落しそうな玄武洞・・・と秘境ムードが漂います。気分が高まります!

Imgp2002_2

しかし、期待とは裏腹に魚の反応はしぶく、小物がたまに顔を出す程度です。虫も飛んでいませんでした。しかし、珍しいものと遭遇しました。カモシカです。川辺から急斜面を上って行くのを目撃しました。残念ながら写真に収めることはできませんでした。

Imgp2004_2

(2)雫石川水系の別の支流(名前を隠す必要はないほどの有名河川です)

昼近くに葛根田川から上がり、雫石川の別の支流に向かいました。最近では珍しく入渓点に車が止まっていません。毎回良い思いをしている堰堤下に入ってみます。

Imgp2008_2

左奥の泡の漂っているポイントから2本出ました。引きは結構ありましたが、釣り上げるとサイズは25cmでした。太っていてきれいな魚体でしいた。ここもいつもより渋いようです。

Imgp2007_2

堰堤から一旦道路に上がり、堰堤上の入渓点から釣りあがります。この先は22~24cm程度のサイズがたまに出ましたが、満足のいく釣果は得られませんでした。渓相は抜群に良いのですが・・・・。

Imgp2015_2

(3)葛根田川(イブニング・タイム)

最後の望みをかけ、再び葛根田に向かいました。玄武温泉の下から川に入ろうとしましたが、上流で流れ込む支流の沢での工事の影響で流れ全体がカフェオレ色に濁っています。

車を上流に走らせ、玄武洞の上から入渓しました。すぐにアタリがあり午前中より活性が高いのが分かります。虫もちらほら飛んでいます。メイフライのスピナーも乱舞し始めました。

0762_2_2

0762_1_2

魚の反応は良いのですが、食いが浅く、かけても半分程度はバラシです。サイズは23cm前後が大半ですが、暗くなるに連れて中物も顔を出し始めました。25cm、26cm・・・とサイズは徐々にアップしていきます。高さ50cm程度の固床が現れました。

中央の岩の前の泡の漂っているポイントにフライを数秒間置くと・・・・、フライが吸い込まれました!

Imgp2046_2

今回の釣行で最大のイワナがヒットです! 喜んで計測してみると・・・・、足りません!、0.5cmが・・・。何度測っても29.5cmです。「泣き泣き!尺」です。

Imgp2042_2

この上にあるプールで同行の方にもヒット! 最後はライズする魚と対峙しましたが、何回かフライに出たもののフッキングには至らず。周囲はすっかり暗くなり終了。

車で道具を片付け終え、時刻は19:30を回ってしまいました。クボタロッジに向かいます。オーナーと奥さんにはいつもご心配おかけし、夕食が遅くなってすみません・・・・・。

夕食を食べ終え、私は早々に就寝です。明日の帰宅は午前3:00出発。いつもの時間です。明朝は職場に直行です・・・・・。

また来ます!

Imgp2017_2

2009年6月18日 (木)

岩手釣行<1日目>(八幡平の渓)

2009.6.18(木)

曇り、時々小雨、夕方~雨

昨夜、またまた岩手のクボタロッジにやってきました。この時期、どこのペンションの駐車場もガラガラですが、ここだけはシーズン真っ盛りのようです。

Imgp1999_2

今日はオーナーと横浜からのお客さんと一緒に3人でロッジの裏の川に入りました。

私が八幡平に来るようになった頃からよく行く川ですが、連日のように釣り人からのプレッシャーを受け、以前より釣りにくくなっています。しかし、今回は雪代明け直後なので、まだ釣り人もさほど入っていないと思われます。期待しての入渓です。

Imgp1993_2

虫は比較的多く飛んでいますが、天候が今一つのためか、活性はあまり良くないようです。数はそこそこ出ますが、サイズは15~25cm程度でした。大きなプールでライズしていた魚を掛けましたが、あっという間に沈み石の間に入り込まれて、どうにも動かなくなってしまいました。対岸に渡って引き抜こうとしましたが、フックが外れてしまい痛恨のバラシです。「釣りそこなった魚は大きい」という釣り人の性で、悔しいの一言です。結局、この川の名物の大イワナの顔は拝めませんでした。

Imgp1992_2

私とオーナーはこの区間最終の堰堤までやって午後2:30終了。

Imgp1995_2

珍しく釣りを早々に終えて、午後3:30頃からロッジでビールを頂き、温泉と昼寝でくつろぎました。

Imgp1998_2

ちなみに、一緒に入ったお客さんは粘りの尺とイブニングで35cmを釣ったそうです。毎年のことですが、周りののお客さんは大きいのをきっちりと釣っています・・・。

Imgp1994_2

2009年6月14日 (日)

さくらんぼ狩り(山梨)

2009.6.14(日)

Imgp1971_2

今日は山梨市にさくらんぼ狩りです。

続きを読む "さくらんぼ狩り(山梨)" »

カマキリの子供

2009.6.1Imgp1950_24(日)

晴れ、午後曇り、夜雨

今日はさくらんぼ狩りに出かけるため早起きをしました。いつものごとく、出発予定時刻になっても我が家の女性陣はバタバタしていて、なかなか出発できません。

庭でぶらぶらしていたら、カマキリの子供を見つけました。体長3cm程度で、花の上に乗っています。早速、カメラ、マクロレンズ、三脚、シャッター・レリーズを用意して撮影しました。

1/125sec、F5.6 : PENTAX K200D、smc PENTAX DFA Macro100mm F2.8

元気に育って、今年も庭に卵を産んでくれるといいな。

2009年6月 7日 (日)

深大寺(蕎麦屋)

2009.6.7(日)

晴れ。予想最高気温28℃。

昨日までの雨もあがり、今日は暑い日です。朝から日差しが照りつけます。

自宅から車で約20分の深大寺に蕎麦を食べに行きました。(正月撮影。初詣の混雑です。)

0913_2

深大寺は調布市に位置します。雑誌を調べてみると、深大寺は縁結びの寺として知られ、開山は古く、奈良時代に遡るそうです。深大寺界隈の名物が「深大寺蕎麦」で、いくつもの蕎麦屋が軒を連ねています。別に深大寺界隈で蕎麦を栽培しているわけではなく、そば粉は各地から取り寄せ、各蕎麦屋ごとに蕎麦は違うそうです。元禄年間に住職が”特別なおもてなし”として第五世公弁法親王にそば切りを献上して絶賛を得て有名になったそうです。その後、庶民のごちそうとして広まり、文人達にも愛されるようになったといいます。

「深水庵」という店に入りました。

Imgp1941_2

季節が良いので屋外の席が気持ちよいです。

Imgp1946_2

店の奥では板前さんが蕎麦打ちをしています。

Imgp1944_2

蕎麦はとてもおいしくいただけましたが、お腹が空いていたので始めに写真を撮るのを忘れてしまいました・・・。

Imgp1947_2

ちょっとした小旅行気分を味わうことが出来ました。

近所の玉川上水沿いの遊歩道はアジサイの花が身頃となっています。

Imgp1949_2

2009年6月 3日 (水)

釣り週間(岩手釣行)<第4日>和賀川支流

2009.6.3(水)

晴れ → 雷、一時雨 → 曇り

今日はどこの川に行こうか迷っていました。しかし、夕べは良く眠り疲れも取れたので、元気を出して歩きの釣行に出かけることに決めました。

朝7:00頃クボタロッジを出発。途中、日釣り券を購入するためにコンビニに寄りましたが、栃木ナンバーのパジェロが止まっています。Gamakatsuのステッカーが貼ってあります。餌釣りおやじらしき3人組です。嫌な予感がします。

林道に入り、道が崩れた車で入れる最終地点に到着(午前9:00頃)すると・・・、やはりいました。岩手ナンバー1台(クボタロッジのオーナーのお知り合い)、関東ナンバー1台、軽トラ1台。

釣り支度していると、更に1台岩手ナンバーがやってきました。その方の話では連日他県ナンバーが入っているそうです。その方もフライマンで、先行者は大体早朝から上を目指すので、すぐ下から釣るそうです。一緒に釣りをすることを誘われましたが、私は歩く覚悟をしていたので、丁重に断ると、フライマンはハットにバンブーロッドで颯爽と川に下りて行きました。

さて、林道ウォーキングの始まりです。目標は1時間半。途中フライマンらしき人を発見、更にてくてく歩きます。もう一組先行者がいると思われますが、どんどん歩いても発見できません。約1時間15分の地点で川を覗くと、イワナが浮いているのが見えます。少し予定より早いけど入渓することにしました。

Imgp1901_2

釣りを開始すると早々にイワナが反応します。先行者は入っていないようです。魚は沢山います。イワナの宝庫です。しかし、この川のイワナは水深5cm程度の浅瀬にも沢山いて、走られてばかりです。良い淵を狙って遠くからキャストしても、ラインが伸びると手前の魚がラインと同じ方向に走ります。手前の魚から順々に釣ろうとしても、魚が多すぎて思わぬ所から走られてしまいます。

それでも釣れます。どんどんフライに反応します。バラシも多いです・・・。アベレージ・サイズは24~26cmです。小物もいないけど大きな魚も出ません。最大サイズは27cmでした。

Imgp1918_3

数はぐっと少なくなりますが、ヤマメも出ます。サイズは小さいけどきれいです。

Imgp1932_2

昼食はクボタロッジの奥様が握ってくれるおにぎりです。とてもおいしいです。具もいろいろ変わって毎回楽しみです。川辺でおいしいおにぎりを食べるのは最高の贅沢と言えましょう。

Imgp1926_2

午後2:30頃、雷が鳴り始めました。怖くなって、竿から離れてしばし休憩です。雨も降り始めました。木の陰で座っていると、林道を二人組が自転車で下って行きました。腰にはびくを付けています。さぞかし沢山のお土産が入っていることでしょう。

雨も止み、釣りを再開。帰りの歩きがあるので、適当なところで終了しなければなりません。30匹目をランディングして終了。

再びウォーキングです。往きには気が付きませんでしたが、まだ残雪がありました。

Imgp1937_2

さて、これから東京に向けて高速をひとっ走りです・・・。

Imgp1938_2

2009年6月 2日 (火)

釣り週間(岩手(秋田)釣行)<第3日>生保内川(秋田)

2009.6.2(火)

快晴。

クボタロッジで爽やかな朝を迎えました。

Imgp1899_2

今日はオーナーに案内して頂き、秋田県の生保内川に向かいます。オーナーの話では前の週に大物が幾つか出たそうです。超有名河川なので楽しみです。

林道に入ると平日なのに釣りの車が結構入っています。関東ナンバー、地元ナンバー半々といったところです。

オーナーの話では前の週に比べ水量は減っているそうです。

林道の車で入れる再奥から徒歩で数十分歩き、川に入りました。とてもきれいな流れです。

Imgp1881_2

最初のプールでイワナを発見。ライズも時折起きます。しかし、スレているのでしょうか、なかなかフライに乗りません。諦めて釣り上がります。

結局、中物イワナ数匹で最終堰堤に到着し釣り終了。

Imgp1884_2

あまり釣れなかったけど、天気に恵まれ楽しい釣りが出来ました。カエルものんびり日向ぼっこをしていました。

Imgp1890_2

クボタロッジのオーナーにはいつもお世話になっています。魚の付き場、フライの流し方、プレゼンテーション、メンディングなどいつもアドバイス頂いています。対岸の巻き返しなどを狙う時のオーナーの行うロール・メンディングにはいつも惚れ惚れします。

帰る途中の牧草地では牛がのんびり放牧されています。近づくと何を思ったのか私の方を見つめてみんな寄ってきました。近くで見ると結構迫力あります。

Imgp1896_2

ロッジに午後5:00頃到着。

私は近くの川を偵察です。しかし、雪代混じりの増水で全く釣れませんでした。

Imgp1898_2

宿に帰ったら、温泉と夕食の本格コースが待っています。

Imgp1883_2

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック