« ガンダム(お台場) | トップページ | 庭での収穫(キュウリとジャガイモ) »

2009年8月23日 (日)

南極観測船「しらせ」

2009.8.23(日)

Imgp2464_2

お台場で「ガンダム」を見た後は、木更津(千葉県)まで車を飛ばし、南極観測船の「しらせ」の一般公開に駆けつけました。

一般公開を終えた後、整備をして南極に向かうそうです。

妻のKのお父さん(通称Bunちゃん)はかつて、「しらせ」に乗って南極に2度行ったことがあります。Bunちゃんはヘリコプターのパイロットをしていたのです。

Imgp2432_2

船首は19°の角度がついているそうです。これで氷を砕いて進むのです。

「しらせ」には水深10m必要なので、入れる港が限られるそうです。南極に向けて出向するときは荷物を満載(約1,000トン)するので、発進するときスクリューが海底のヘドロを巻き上げるそうです。

正面の艦橋とは別にマストの途中にも操舵できる場所(写真右上)があります。そこからは前方が良く見渡せるので、氷の薄い場所を見つけて進むそうです。

Imgp2451_2

船内も見学でき、デッキ、艦橋、ヘリの格納庫、船室などを見て回りました。

Imgp2436_2

ヘリは観測船と基地との物資の搬送に活躍するそうです。27名くらい乗れるそうです。

Imgp2450_2

艦橋の天井には手すり(写真に右上)がついています。船が激しく揺れる時につかまるそうです。

Imgp2458_2

船内はきれいで迷路のようになっています。

Imgp2457_2

船首側は揺れるので一般の船員の部屋があり、来賓室などは揺れの少ない後部にあるそうです。

以上、マニアックな解説はBunちゃんでした。

Imgp2473_2

« ガンダム(お台場) | トップページ | 庭での収穫(キュウリとジャガイモ) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 南極観測船「しらせ」:

« ガンダム(お台場) | トップページ | 庭での収穫(キュウリとジャガイモ) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック