« 雪遊び | トップページ | 貝がらペンダント »

2009年11月27日 (金)

PENTAX MZ-3

2009.11.27(金)/

Imgp3136_640x496

3年前までメインに使っていたカメラです。当時デジタル一眼の価格も手頃になってきましたが、デジタルの画質を信用できずにフィルムを使い続けていました。

久しぶりに手に取ってみると、まず軽さに驚きます。ファインダーを覗くと、APS-Cサイズのデジイチに比べてはるかに大きなスクリーンも新鮮に見えます。

このカメラは当時でも珍しく、マニュアルカメラのような操作方法でした。現代のカメラのように、メニュー画面を呼び出して設定したり、シャッターボタンの前後のダイヤルで操作するのではありません。軍艦部のダイアルやレンズの絞りリングをいじって直感的に撮影します。とてもシンプルなカメラでした。

当時のPENTAXのMZシリーズのラインナップはMZ-1桁が”-3”と”-5”、”-7”、最終型の”-S”、そして2桁台多数などでした。最後まで”MZ-1”は登場することなくフィルムカメラの時代に幕を閉じました。なのでMZ-3はMZ-Sが登場するまでフラッグシップでしたが、軽いプラスチックボディはハッキリ言ってかなり安っぽいです。

軽いので釣りやハイキングに持ち歩いていました。軽い水没一回、落としてレンズを壊したこと1回ありましたが、カメラ本体は修理に出さずに済みました。

レンズはFA-50mmF1.4かFA43mmF1.9Limitedをつけていました。どちらも明るいレンズで釣りには重宝しました。始めのうちはFA43mmでしたが、安くてより明るいFA50mmをメインに使うようになりました。(壊したレンズはFA50mmです)

今取り出してみると「所有することの喜び」は味わえないカメラだと思います。

« 雪遊び | トップページ | 貝がらペンダント »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PENTAX MZ-3:

« 雪遊び | トップページ | 貝がらペンダント »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック