« 初ヤマメ | トップページ | 今回の食べ物紹介 »

2010年3月22日 (月)

子ヤギ、子羊、足湯

2010.3.20(土)

Kubotalodge

新幹線で岩手にやった来た家族と昨夜合流しました。宿はクボタロッジに決まっていますが、観光となると計画性はありません。その日の気分と思いつきで、出向く場所が決まります。

この日の行動は(1)足湯でくつろぐ、(2)蕎麦屋で昼食、(3)小岩井で羊と戯れる、といった内容です。

(1)足湯

Ashiyu

朝食後、八幡平温泉郷にある足湯に、さきちゃん、はるちゃんとで出掛けました。

車道に雪はありませんが、歩道には高さ1m以上の残雪が積み上げられています。足湯には閉鎖中である旨の知らせが書かれていましたが、近づくと湯気が立っているので、雪の山を越えて足湯につかりました。湯船の上の方のお湯はかなり熱いのですが、下の湯とかき混ぜるとちょうど良い湯加減です。ポカポカになりました。

(2)しんざん(蕎麦屋)(子ヤギを見る)

Sobaya

前日、川に行く途中に発見した蕎麦屋です。雫石にありますが、さしたる観光ポイントもない場所にポツンと真新しいお店がありました。店内は清潔で明るく、店員さんの感じは良く、値段も手頃でした。お味の方も大満足です。

お会計を済ませる時に、奥の小屋に生まれたばかりの子ヤギいると教えてくれたので、見学に行きました。とても可愛い眼をしています。

Koyagi

(3)小岩井農場(子羊)

Kohitsuji

前日の岩手のローカルニュースで小岩井農場の子羊とふれあうイベントが紹介されていたので、やって来ました。この時期は小岩井農場もさすがに閑散としてて、まきば園の入場は無料でした。

子羊にミルクを上げるイベントの始めに、飼育員のお兄さんが羊の出産について解説してくれました。羊は普通1~2頭の赤ちゃんを産むそうです。稀に3つ子や4つ子が生まれますが、母親のお乳は2つしかないので、皆を育てられないそうです。羊は親子の絆が強く、母親羊は自分の子にしかミルクをあげないそうです。なので、3つ子となりであぶれてしまった赤ちゃん羊は飼育員がミルクを与えて育てるそうです。今回、イベントでミルクを飲ませる赤ちゃんはこのような境遇の子羊だそうです。

子供たちが子羊にミルクを与えた後、子羊を抱っこしての記念撮影が始まりました。一家揃って羊の帽子をかぶり写真を撮ってもらいましたが、恥ずかしくてお見せできません。

« 初ヤマメ | トップページ | 今回の食べ物紹介 »

岩手旅行・情報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 子ヤギ、子羊、足湯:

« 初ヤマメ | トップページ | 今回の食べ物紹介 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック