« ソース焼きそば | トップページ | 朝ごはん »

2010年3月 7日 (日)

河津川

2010.3.7(月)

Imgp0689_640x425

ようやく3月となり渓流釣りが解禁です。

今週は伊豆河津までアマゴを狙いに出掛けました。

伊豆というと温暖なイメージが強く、春先からドライでの釣りが期待できます。でも、途中の天城トンネル付近の気温は3℃、雨もチラホラ降っていました。それでも、河津に着くと雨は上がり、気温7℃。陽は差していませんが、厚着をしていれば寒さも苦には感じません。

峰大橋下流のプールに着くと、対岸でフライマンが2人竿を振っていました。一人はニンフで一人はドライで釣っています。状況を尋ねるとアタリはないとのこと。それにしても去年と比べて水量がかなり多い印象です。川幅も十分な場所なので少し時間を空けてから入渓することにしました。

Imgp0677_640x425

午前9:30頃釣り開始。取りあえずニンフを沈めますが、アタリはなく、ライズも起きません。峰大橋までやってく来ると、橋のたもとのプールで餌釣り師が二人、竿を出しています。地元の爺さんぽい方の足元のビクには、まあまあのサイズの魚が入っていました。

場所を下流に移動することにしました。川沿いの土手をテクテクとライズを探しながら歩きます。はるか遠く小峰橋の下にフライマンが入っていたので、一つ上の堰堤上の広いプールを釣ることにしました。

Imgp0692_640x425

しばし観察。日差しもで始め、コカゲロウがたまに飛んでいます。しかし、ライズは起きず再びニンフを流します。全然反応がないので、いったん川から上がって土手に腰掛けて川面をボーっと眺めていました。すると、ライズを一つ発見。しかし、後が続きません。ライズポントに降りていってソラックスダンを流しますが、全く無反応。同じ場所をニンフで攻めるもアタリなし。釣りを続けていると、後ろからおじさんフライマンがやって来ました。どこも人ばかりのようなことを話してから、「上に入っていいかな?」というので「どうぞ」と答えました。そしたら15m位上で釣りを始めました。「そりゃないよ!」と思いながら退渓。

下流の低い堰堤下の淵でニンフで魚を掛けました。向うアワセで掛かっただけですが、初のアタリです。足元1mまで寄せますが、ネットですくおうとしても、腰につけたネット用のリールのワイヤーが30cmしか出ず、トラブル発生です。モゾモゾと手間取っていたら、魚は針から外れてしまいました。20数センチのアマゴの姿を見ることはできました。残念。

今度は河津川の河口付近まで車で移動です。終盤を迎えた河津桜祭りで賑わっていました。醤油や砂糖のこげたような香ばしい匂いが漂っていました。そんな中、ほとんど河口から釣り上がります。しばらくすると対岸に2人のフライマンが釣り下って来ました。どこも釣り人だらけです。海に近いためか結構風が吹いていました。しばらく釣り上がりますが、上流よりも釣れる気がせず、退渓。Imgp0711_640x425

その後、上流部へ移動、最後に始めの峰大橋下のプールを狙いましたが、ボウズに終わりました。

今回4回目の河津ですが、ボウズは初めてです。それにしても、フライマンの多いこと。餌釣り師は朝の2人だけ、ルアーマン1名以外はフライばかりです。解禁直後なので期待しましたが、甘かったようです・・・。

最後に一句、

”釣れなくて ライズ探して 川ばかり 河津桜を 見るゆとりなし”

Imgp0681_640x481

« ソース焼きそば | トップページ | 朝ごはん »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 河津川:

« ソース焼きそば | トップページ | 朝ごはん »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック