« 北上山地の渓 | トップページ | 真昼山地の渓 »

2010年7月10日 (土)

秋田の渓

2010.7.8(木)

Imgp1879

今日は秋田の川まで遠征です。

前の晩の夕食時に急遽決定。浜松からのお客さん3名(240Gさん御一行)、Nさん、クボタロッジのおじさん、そして僕の総勢6名での楽しい遠征です。

浜松からの御三方とは、一昨年一緒に釣りをさせて頂きました。何と片道12時間(!)かけて八幡平までやって来るのです。また一緒に釣りができるなんてきっと何かの縁(=おじさん)ですね。

おじさんとNさんの話では、目的の川は、開けた渓相で大物がたくさん釣れるとのことで、期待大です。

(1)本流

林道をグングン奥に入って行き周囲は秘境の様相です。当初は2組(浜松からの3名とおじさん、Nさんと僕)に分かれて入渓する予定でしたが、上流の入渓地点には既に車が停まっていたので、下まで戻って結局6名で釣りをすることになりました。

Imgp1877

川までぞろぞろと下りて行きます。思い描いていたような開けた渓相です。これで、大イワナがバコバコ出てきたらパラダイスです。皆この時点までは大物が釣れると思い込んでいたはずです。

釣り始めると、あれれれ・・・?反応悪いです。大物が出そうなポイントが続きますが、沈黙しています。たまにフライに出ても警戒したような出方ばかりです。

ギャラリーを前に、大きな淵からイワナがフライに飛び出すはずでしたが・・・

Imgp1882

釣れたイワナは小物が少々・・・

しばらく釣り上がりましたがあまりにも反応が悪いので、別の川に移動です。

(2)支流の沢

この辺りは林道が分岐していて僕にはまるで迷路のようです。どの辺りを走っているのかチンプンカンプンです。Nさんは付近の川を熟知しているようで、Nさんの案内で2つの川に分かれて入ることとなりました。

Imgp1891

僕とNさんで入った沢も・・・・渋かったです。区間最終の堰堤に期待しましたが、ダメでした。小~中サイズのイワナが少々・・・

浜松+おじさん組も厳しかったようです。夕食に食べたラーメンが美味しかったです。

皆さん、お疲れさまでした。Nさん、連日の運転ありがとうございました。

機会があれば、またチャレンジしてみたいです。

Imgp1892

« 北上山地の渓 | トップページ | 真昼山地の渓 »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

浜松の240Gです。
先日はボク達3人も混ぜていただき
かなりキビシイ状況でしたが
愉しいひと時を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

またクボタロッヂでお会いできたら
ご一緒してくださいね。

よろしければ
ブログ、貼らせてもらってもいいですか。

240Gさん、他のお二人様、先日はお疲れ様でした。

釣れなかったですね~。自然相手ですから仕方がないですけど。おじさんもNさんも、首をかしげていましたからね。

またお会いした時はぜひ御一緒に釣りさせてください。

僕のブログを覗いて頂けるなんて光栄です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋田の渓:

« 北上山地の渓 | トップページ | 真昼山地の渓 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック