« 体力勝負釣行(その2) | トップページ | フライラインが”グチャグチャ” »

2010年9月 9日 (木)

体力勝負釣行(その3)

2010.9.7(火)/

Imgp2259

最終日です。前夜遅くの雨が吉と出るか、凶と出るか・・・

恵みの雨!、活性上昇!、と都合のいいように勝手に思い込み、疲れているはずなのに気分は爽快。退渓後に600段の区間に入ることに決めました。脳内麻薬でも出ていたのでしょうか・・・。

ところが、川を覗いてみると、目的の渓は増水して釣りどころではありません。仕方なく有名秘湯近くの支流に入ることにしました。増水していますが、何とか釣りにはなりそうです。

結構険しかったです。最上の堰堤を越えてからなんて半分岩登りみたいな遡行を強いられました。釣れないと疲れを余計に感じてしまいます。

この日の大物賞は金、銀、胴、全ておじさん。28cmを筆頭に良型を連発しました。やっぱりおじさんは凄い!。魚がたくさんいて、活性が良い時はおじさんと同じように釣れるので自分も上手くなったような気になってしまいますが、この日のような状況では腕の差をひしひしと感じます。頭の中がリセットされた感じです。後半はおじさんの釣りをじっくり見させていただきました。

Imgp2268

僕とHさんは寂しい結果でしたが、かろうじてボウズは回避できたし、Hさんも得るものが大きかったのではないでしょうか。

釣果はいまいちでしたが、渓にあるものを幾つか写真に撮って楽しむことができました。

Imgp2269

虫食いの葉っぱ。何に食われたのか分かりませんが、見事にスカスカです。

Imgp2280

石に生えている木。コケも綺麗なので一枚。どこまで大きく育つことが出来るのかな?

Imgp2276

硫黄が白く溜まっている流れの上からは温泉が沸いていました。おじさんが水温を計ると38℃、ちょうど良い湯加減です。

ボサ川になる付近まで釣りをして終了。来た流れを下るのがまた一苦労です。

車まで戻ると時刻はまだ午後3:30頃。八幡平から車で約40分の川を覗いてみることに。皆さんまだ意外と元気ですね。

木々が張り出しキャスティングしづらい上に暗く逆光でフライがよく見えません。小さいのを幾つかかけましたが全てバラシで終了。

おじさんとの釣りは今シーズン今回が最後でしょう。いろいろとありがとうございました。

さて、疲れの方は[疲労蓄積+2]で、疲労度はレベル6に達し赤信号です!

ロッジで汗を流させて頂き、午後6:30過ぎに東京に向けて出発。帰宅は午前2:00前。就寝2:30。ここまで来ると疲労度なんて分かりません。翌朝は目が覚めてもなかなか起き上がれず、しばらくもがいてから出勤。

オフには少し体力をつける必要がありそうです。例えば・・・、鉄アレイと踏み台昇降の併用など。

では、また来週・・・

« 体力勝負釣行(その2) | トップページ | フライラインが”グチャグチャ” »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

Aさん、こんにちは
連休も行かれるのですね。
そこは休みがとれず、23〜26で行く事になりそうです。
これで今シーズン最後の東北となります。

Nさん、こんばんは。

何だか今回はいつもより疲れました。夜更かしはいけませんね。

今年はNさんと楽しく釣りが出来て良かったです。
また来年も予定が会えばお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体力勝負釣行(その3):

« 体力勝負釣行(その2) | トップページ | フライラインが”グチャグチャ” »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック