« 衣替え | トップページ | 深大寺蕎麦 »

2010年10月 8日 (金)

ケムトレイル(chem trail)

2010.10.8(金)

Rimg2787

先週に引き続いての遭遇です!

ちょうど1週間前の同時刻、2機の航空機からの飛行機雲を見つけたました。10/4の記事で写真を掲載したところ、MR.Tさんというお方から飛行機雲ではなくて”ケムトレイル”とのコメントを頂きました。

最初は半信半疑でしたが、1週間後の本日の同時刻にも発見。冒頭の写真で2つの筋がお分かりかと思います。右側のものは先行する航空機から伸びていました。写真には写っていませんが、更に左にも同様のケムトレイルと思われる航跡を確認しました。

飛行機雲にしては明らかに不自然ですし、偶然とは思えません。

何でもケムトレイルとは、航空機が散布する化学物質などによって生じる航跡で、軍や政府による気象操作や細菌兵器に対するワクチン散布などの説が流布しているそうです。世界各国で目撃され、海外ではメディアでも取り上げられることがあると言います。

なんだか恐ろしい世の中ですね。

« 衣替え | トップページ | 深大寺蕎麦 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

そうですね、俄かに信じられる事では有りません。

所で『暴き系』というのを聞いた事が有りますか。要は大手マスコミのタブーをばらす方々です。
 副島隆彦、ベンジャミン・フルフォードを筆頭に、大手マスコミ出身ではない、リチャード・コシミズや反ロスチャイルド同盟の安部芳裕等です。 この辺を知れば、ケムトレイル位は平気でやるとわかりますよ。
 ちなみに、『独立党|トップ』の動画ギャラリーでリチャード・コシミズが講演を公開しています。お暇が有れば、大手マスコミよりは面白いですよ。

ちょっと、暴き系ネタを披露しますね。
1、911事件はアメリカの自作自演。
2、北朝鮮のテポドン発射はおかしくないですか。将軍様はアメリカと喧嘩をする勇気は有りません。やったらすぐやられますから。実は発射を命じているのはアメリカ(ロックフェラー)です。すると、日本はMDミサイルを買いますね。そのご褒美に将軍様はお小遣いを頂けるのです。つまり、アメリカと北朝鮮はグル。
3、日本の財閥とユダヤ財閥の違いがわかりますか。それは、中央銀行を私物化する事です。米連銀は国営では有りません。ロックフェラーの銀行です。
中央銀行の私物化=国の私物化。 ユダヤ財閥、ロックフェラーは凄いと言っても、実は大変なズルをやってるわけです。
4、ロックフェラー、ブッシュ、クリントン、チェイニー、ラムズフェルド等、閣僚級、エスタブリシュメントはアングロサクソンを偽装した隠れユダヤ(マラーノ)。ですから、イスラエルには甘いんです。
ま、少数派支配の問題点は多数派を倒す為にはあらゆる謀略を弄す必要があるんです。

少数派の出自を隠す為には、フリーメーソン等、秘密結社が必要です。その上にイルミナティが有りますが、彼らは人口削減を企んでいます。人口が多いと、耕作地も必要で環境にも悪いし、狩りに行っても獲物を多数派のゴイムに先にとられてしまうのが気に入らないとまで言ってます。
人口削減にはシャンプーなどには女性の子宮が機能しなくなったり、その子の精子が減ったり、ペニスが小さくなって繁殖力が無くなる様にして、何世代かで人口を減らそうとしています。
散布剤には、その他に、アルミ、バリウム、モルジェロン繊維、アレルギー物質から、発がん性物質まで色々入ってます。
ただ、彼らもユダヤ差別だ、陰謀論だとミスリードしてきましたが、中央銀行の私物化まで暴かれてきつい状態です。もう少し情報拡散するとちょっといい世界になります。大手マスコミは電通が支配しています。勿論彼らの手先、ダメージコントロール程度の報道しかしません。

自分は『ケムトレイル・気象操作掲示板』にいます。暴き系の質問は全てお答えします。お暇が有れば是非、遊びに来て下さい。

MR.T様。

映画の世界のような、でも現実に十分考えられるような・・・、少し混乱してしまいます。

まあ、日本だって非核三原則をうたいながら、核兵器持ち込みの密約が交わされていたという事実が判明したくらいですので、どんな陰謀が渦巻いているか分かりませんよね。監視カメラもそこら中に設置されていますし。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ケムトレイル(chem trail):

« 衣替え | トップページ | 深大寺蕎麦 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック