« むくろじ | トップページ | 参考書 »

2010年10月 4日 (月)

秋の空

2010.10.4(月)

Rimg2686

秋の空は特に綺麗に見えます。

今日はあいにくの空模様でしたが、晴れると綺麗な青空が広がる季節です。

「女心と秋の空」と言うそうですが、秋の空はコロコロ変りやすいことの例えでしょうか。

秋の空が綺麗に見える理由を先日ラジオで解説していましたが・・・、すっかり忘れてしまいました。

ネットで調べてみると・・・、

秋から冬にかけて地上付近の気温が下がってホコリが舞いにくいそうです。更に空気も乾燥して水蒸気量が少なくなるみたいです。一方、春から夏にかけては上昇気流が起こりやすくホコリが空気中に舞いやすく水蒸気量も多いため白っぽい青色になりやすいそうです。冬は寒気の流入で雲が多いと言います。したがって秋が最も綺麗な青空になるそうです。

写真は10/1(金)pm5:00頃の空ですが、飛行機が2機飛んでいて双方とも見事な飛行機雲を引いていました。

Rimg2690

この季節、コスモスの鮮やかなピンクと秋の空の青はとっても似合いますね。

« むくろじ | トップページ | 参考書 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ちょっと、お邪魔します。これは飛行機雲ではなく『ケムトレイル』と呼ばれるものです。
 その証拠に、この様な航跡が毎日見られ、空が白空か、せいぜい水色空の毎日でもう青空はありません。
 ケムトレイルで画像、動画を検索したり、『ケムトレイル・気象操作掲示板』等をご参考頂ければ幸いです。各地の散布がわかります。
 アメリカ、ドイツは大手マスコミが報道せざるを得ない状況で、日本もそろそろでしょう。
 お写真を拝見しても、空が白っぽい、粉っぽい感じです。昼夜分かたず散布する事が多い為そうなります。
 日本はアメリカのカリフォルニア州程度の広さしかない為、大型機で周回散布が可能です。その為、田舎とされる所でも目撃されます。

また、曇りの日はバレないので散布しまくりです。梅雨の時期は気付く人も減ります(要は毎日散布するという事です)。

最近は夜間散布が拡散して、朝一から空は白い事が多いです。

MR.T様。

”ケムトレイル”なる言葉を初めて知りました。事実だとすると非常に恐ろしいことです。

そういえば、この日ごく短時間の間に3機の航空機を目撃しました。2機は飛行機雲様の長い帯を引いていましたが、残る1機からは全く出てなくて不思議に感じたのを思い出しました。

大変参考になりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 秋の空:

« むくろじ | トップページ | 参考書 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック