« T(ティ) | トップページ | 河豚(フグ)料理 »

2011年1月20日 (木)

フレーム修正

2010.1.20(木)

Rimg3810

大まかに型をつけておいたフレーム材の修正です。

用意するものは、一回修正済みのフレーム材、整形済みのグリップ材、C型クランプ、ダブルクリップ、クランプを当てる部位を保護する木片(フレーム材の切れ端)。

Rimg3803

まず、3枚のフレーム材のセンターを重ね合わせます。

Rimg3804

隙間が出来ないようにセンターからグリップに向かってダブルクリップでフレーム材を合わせていきます。

Rimg3807

グリップ材との接合面の修正です。一番外側のフレーム材の外に保護材(フレーム材片)をあて、C型クランプを使って強く押し当てて修正します。ここでも隙間が出来ないように注意が必要です。フレーム材に癖がつきやすいように最後に水をかけて終了です。

Rimg3813

数日~4、5日し乾燥したら接着の作業に移ります。

« T(ティ) | トップページ | 河豚(フグ)料理 »

ランディングネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレーム修正:

« T(ティ) | トップページ | 河豚(フグ)料理 »

フォト
2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック