« AMBROSIA | トップページ | ボロボロスキー »

2011年1月29日 (土)

フレームの溝堀り

2011.1.28(金)

Rimg3930

フレーム外周の溝の製作です。

接着が完了したフレームです。

まずは、溝の始点と終点の位置決めです。左右対称になるように鉛筆でマーキングします。

Rimg3912

定規でフレームの中心を測り、適当な間隔で印を付けていきます。15mmのフレーム材なので7~8mmの辺りが中央になります。

Rimg3915

いくつも付けた印に、ガイドになるフレーム材を当ててダブルクリップで固定します。このフレーム材は最初にフレームを修正するときに一番外側に保護材として使用したものです。

Rimg3919

ガイドに沿って、ノコギリで溝を削っていきます。最初は軽く当たりをつける程度で、少しずつ深く切り込んでいきます。

Rimg3921

保護のフレーム材を外し、次はヤスリで溝を削って太く深くします。

ノコギリの傷やヤスリで着いた少々の傷は後で行うヤスリがけで消えてしまいます。

この作業の次はフレームの穴の位置決めに移ります。

« AMBROSIA | トップページ | ボロボロスキー »

ランディングネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フレームの溝堀り:

« AMBROSIA | トップページ | ボロボロスキー »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック