« タイイング | トップページ | 岩手の釣り(7) »

2011年7月 1日 (金)

岩手の釣り(6)

2011.6.30(木)/

Imgp0873

尺上しか釣れないという噂の場所へ。

今話題の、尺上しか釣れていないというポイントを案内して頂きました。

Imgp0880

9日前、38cm×2本を筆頭に尺上連発!、という信じ難い事実が起きたようです。偶然に偶然が重なったのか?、イワナの気まぐれか?、それとも天変地異の前触れか?(大地震は起きたばかりですが・・・)、もちろん当日の釣り人はエキスパート揃いだったようですけど。同じようなことが繰り返し起きるのか・・・、この検証ですね。

案内人はもちろんクボタロッジのおじさん、そして府中在住のNさん(いつものNさんではありません)ともご一緒の楽しいひと時でした。

写真では、ほとんど流れていないように見えますが、対岸際にゆっくりした流れの筋があります。ここにおじさんのアドバイス通りにフライを流すと、あっけなくイワナが出ました。とても上品な出かたでした。いきなりの大物に、とても嬉しい反面、肩透かしを食らった気分。もうこれで大満足です。

Imgp0843

僕が魚の撮影を終えるとすぐ、今度はNさんが掛けます。これも同サイズ。2人ともホクホク顔です。

しばらくして、反応が乏しくなったので、少し上に釣り上がる事に。

Imgp0891

少し上流のいかにもという淵では、真ん中の流れからひとつバラシ(多分良いサイズ)、その後奥の岸際から1本。これも釣り上げると余裕の尺越えです。

Imgp0884

この日は、天候がいまいちで、気温も低く、川は増水といった悪条件。釣った区間、時間とも短かったのですが、良い思いが出来ました。僕にあったアタリは計3つのみ、うち2本取れて、どちらも尺越え。つまり尺超えしか(!)釣れませんでした。しかも、2本とも微妙な尺ではなく、とても立派なサイズ。

ここは大物しか釣れないという噂の検証は無事終了しました。しかしこんなこと、いつまで続くのでしょうか?今後の報告を楽しみに待ちましょう。

いつものことですが、大物を釣らせてくれるおじさんは名ガイドですね。今回は僕らだけ良い思いをさせて頂き申し訳ないような...、でも9日前に超大物を釣っているし、また別のお客さんの案内で、近いうち必ず訪れて大物を釣るのでしょうからね。

Imgp0894

« タイイング | トップページ | 岩手の釣り(7) »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
お邪魔させていただいたNTRです
最終日にご同行させていただき、ありがとうございました
早速、ボトルが当たる例のお店にエントリーしました
また次回お会いしましたら、よろしくお願いします

NTRさん、こんにちは。

先日は楽しませて頂き、ありがとうございました。
2人して黒板サイズですからね、いやビックリしました。

また機会がありましたら是非ご一緒させてください。

そうそう、NTRさんとNRTさん(ラテンさん)の区別がようやくつくようになりました。同一人物なのか、僕の勘違いか、ずっともやもやしていたんです。スッキリしました。

こんにちわ。

この区間はホントにスゴイとこですね。
熊本ナマズさんと2人で尺上しか釣れないんですから。ビックリです。
ここで黒板サイズ獲れました。

240Gさん、こんばんは。

岩手遠征お疲れ様でした。
またしても尺上のみでしたか。いつまで続くか楽しみですね。
黒板の半分以上、あそこのイワナで埋まっているということですか...

お二人とも、良い旅となって良かったですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩手の釣り(6):

« タイイング | トップページ | 岩手の釣り(7) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック