« 風景写真 | トップページ | いぶりがっこ »

2011年8月19日 (金)

田沢湖の砂

2011.8.15(月)

Imgp1286

ガラスの破片のように輝く砂。

先日(8/15)に訪れた秋田県田沢湖の白浜で拾ってきた砂です。

Imgp1192

最初見たときはガラスのカケラかと思いましたが、足元を見渡すと、たくさんの透明な砂であることが分かりました。帰ってから調べて見たいと思い、大粒な砂を選んで持ち帰りました。

調べてみると、「新第三紀の火山岩類から洗い出された高湿型石英」とのこと。って、言われても何だかサッパリ分かりませんね。

ちなみに田沢湖畔の白浜は歩くと”キュッ、キュッ”と音がする「鳴き砂」の浜だそうです。鳴き砂の国内の有名スポットは20箇所ほどあるそうです。

日本一深い湖として有名な田沢湖ですが、もう一つ有名な物があります。それは「たつ子像」・・・

Imgp1212

色を見て興ざめしました。神秘の湖に似つかない金ピカ色。

高村光太郎作かと勝手に思い込んでいましたが、全然違って製作者は船越保武でした。光太郎は十和田湖の「乙女の像」でした。

実は、田沢湖で宮古在住の知人と5~6年振りに再開しました。震災直後は相当大変だったようですが、住んでいる場所が宮古から一駅内陸の地のため、津波の被害に合わずに済んだそうです。お互い家族が一人ずつ増えて、元気な様子を見て安心しました。

そういえば、最近話題のクニマスもオリジナルは田沢湖でしたね。

« 風景写真 | トップページ | いぶりがっこ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 田沢湖の砂:

« 風景写真 | トップページ | いぶりがっこ »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック