« 猫草(キャットグラス) | トップページ | 春の嵐 »

2012年4月 2日 (月)

桂川探訪

2012.4.2(月)

Imgp2045

今年初めての桂川、近場の釣り場です。

午後覗いてみました。偵察程度、もちろんボウズです。

ちなみに、写真の赤い橋の下の餌師は大きいのを掛けて取り込んでいました。

そのプールが空いたので少し竿を振らずに流れを見ていると、対岸から釣り人が入ってきて、いきなり僕の足元めがけてルアーをキャストし始めました。地元少年みたいな釣り人だったらほほえましくも思えますが、偏向グラスにハット、ウェーダーでバッチリ決め込んだルアーマンでした。いくら桂川でもちょっと...

こりゃダメだ、と退散し、上流域に車で移動です。

ちょこっと小一時間程度ライズ探したり、フライ投げたりしてみましたが、うんともすんとも言わず、風が強くなってきたので終了。

ライズは一回だけ目撃。最初の入渓点でロッドを継いでいる最中にパシャッとしたような。釣りする前で気が急いていたので、錯覚か幻かもしれません。その他は全くライズを発見できず今日は終わりました。

この桂川、毎年結構行っているような気がしましたが、数えてみると去年は4回だけ。どうやら年に4~5回程度みたいです。昨年の4回という回数は、岩手のDK川と同じでした。DK川はもちろん一日コースですが、桂川は毎回朝もしくは午後の数時間程度なので大して釣っていないことが判明しました。まあ、釣れないと長く感じますしね。

こんな桂川ですが、毎年雑誌で大ヤマメのことが書かれるので、万が一なんて下心が生まれ、どこか期待して出かけてしまうのです。

ここでのボウズにはもう慣れました。釣れないのが普通だと思える境地に至りました。遠征してボウズだとさすがにヘコミますけど、近場だからこれでもいいんですよね。

今年もちょくちょく行くことになりそうです。

« 猫草(キャットグラス) | トップページ | 春の嵐 »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

あ、ニアミス・・・(笑)
僕も、下へ行ってましたよ。
強風に悩まされましたが、一時は結構ライズもありました。
今度、行きましょう、そろそろオオクマスピナーでそうな感じです。

なるほど、
釣れないのが普通
でも近場だから何度でも来れる
釣れたらでかい・・のもいる。
この辺りが桂川に通う理由ですかね。

Naoさん、こんばんは、

今度お誘いください。時間が合えばですけど。
でもNaoさんのようには釣れないと思います。

えふさん、どうも、

この川、ライズないと釣れる気がしません。魚っ気まるで感じられないんです。いるはずなんですけどね。

通う理由...、「桂でヒレピンの尺ヤマメ」ってカッコいいじゃないですか。あくまで、釣れたらの話ですけど。

ちなみにニジマスは×です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 桂川探訪:

« 猫草(キャットグラス) | トップページ | 春の嵐 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック