« 江戸東京建物園 | トップページ | 札幌観光 »

2012年5月21日 (月)

金環食

2012.5.21(月)

Rimg2633

午前7:38撮影。

世間では騒がれていましたが、全然興味がわきませんでした。直前まで...

日食グラスが数ヶ月前から売られているのも知っていましたが、子供が学校で見るというので昨日コンビにで慌てて購入したものです。

朝TVを付けると、日食を中継して盛り上がっています。午前7:00過ぎ、日食グラスを手にして太陽を見てみると、確かに欠けています。見ていると三日月みたいにどんどん欠けていくではありませんか!

金環食の直前になり、いきなり興味が沸いてきて「オオ~!」なんて盛り上がり始めました。

指輪状の金環食を観察した後、慌てて写真を撮ろうと思いついて何の準備もなく撮影を開始。

日食グラスの覗き窓は小さいので、レンズ径の小さなカメラで撮影しました。

GXRのS10ユニット(24mm~72mmズーム)の望遠端で撮りましたが、かなり小さな太陽になってしまいました。

カメラ内の時計の撮影記録では、冒頭の写真が7時38分06秒、下の写真が同33秒です。30秒も経たないのに結構動いているのに驚きました。

Rimg2634

日食グラスで太陽を見ると、まるで夜空の月を見ているようです。ちなみに補正しないと太陽の欠け具合が良く分からないので、-3~-4EVにマイナス補正して撮りました。もっと暗くても良いくらいですが、カメラのAEの露出補正の限界なので、これ以上はマニュアルで露出を決めないとできません。

Rimg2631

上の写真は7時37分36秒、露出補正なし。もれた太陽の光で欠け具合が不鮮明です。

一眼レフ用のフィルターを準備し、望遠ズームで撮ればもっと太陽が大きく写っていたでしょう。また、一回でも太陽の撮影練習をしておくべきでした。

次は、2030年6月1日北海道なんだそうです。この頃には完全に老眼ですね...

« 江戸東京建物園 | トップページ | 札幌観光 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

金環日食の写真残念でした。私は天文部のみんなと屋上で最初から最後まで観測しました。
写真も奇麗に取れました。今度送ります。

こんばんは、

日食の写真送って頂き、ありがとうございました。
とても奇麗に写っていてビックリしました。

太陽は良く撮れませんでしたが、東北の奇麗なイワナは写真に収めることが出来ました。

ぜひ、釣りに行きましょう!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 金環食:

« 江戸東京建物園 | トップページ | 札幌観光 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック