« 梅雨入り間近 | トップページ | 釣れないな~ »

2012年6月10日 (日)

ため息連発...

2012.6.7(木)

Imgp2436

有終の美!

毎年よく訪れる山岳渓流へクボタロッジのおじさん、藤沢のYさんと出かけました。

皆目指すのは35cmオーバーのイワナです。一昨年までは尺オーバーが取りあえずの目標だったんですけどね~、去年から尺物の威厳は過去のものとなってしまいました。

さて、意気込んで釣り始めたものの、水量は少なく、水温も9~10℃でこの渓にしては反応はいまいちでした。それでも、飽きない程度にイワナは反応してくれます。

ですが、この日はタイトルの如く、最後までため息連発でした。

「あっ!」、「あ~↓」、「う~ん↓」、「ふ~ん...」

Imgp2426

「あっ!」はフライに魚が出て、空アワセ、もしくは針に一瞬触れてオシマイのケース。

「あ~↓」は良いサイズがフッキングし、程なくしてバレテしまう場合。

「う~ん↓」は極上のポイントをフライが奇麗に流れたにもかかわらず、無反応で終わる時。

「ふ~ん↓」は美味しいポイントを攻めたものの、反応なくその場を去る時、足取りは重いです。

Imgp2421

2度ほど、恐らく尺越えサイズをバラしてしまい「あ~↓」。

釣り上がってきて最後に最大の大物ポイントでは、3人で交代して大物を狙いました。

Imgp2439

見事釣り上げたのはYさん。36cmの大イワナでした。

祝福の握手を交わし、次に僕が狙うと大イワナの出た直ぐ下で掛けました。引きが大したことないので明らかに超大物ではありません。ネットに収めた感じでは28cm位だったと思いますが、気分的には15cm位の小物です。明らかに尺度が変化していますね。

調子が良い日は全てがスパッとはまり、とても上手くなったように感じますが、今回のような場合は、何だかとてもヘタクソだと思って自信をなくします。

でも仮に最後に僕が大物を釣り上げていたら、ホクホク顔で渓を後にするのは容易に想像がつきます。そんなもんです。

ちなみに、Yさんは昨年秋にカナダで最後の最後に80cmオーバーのスチールヘッドを釣り上げたそうです。この人は、そういう何かを持ち合わせているようです。

最後に「あ~~↓」、釣りという遊びはこんなことの繰り返しですよね。

« 梅雨入り間近 | トップページ | 釣れないな~ »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

ここは例のポイントですね。
今年もスゴイことになりそうな予感がしますね。

ボクたちが行く前に、あまり渓魚達をいじめないでくださいね(笑)

次回リベンジしましょう。

240Gさん、こんにちは、

今年も凄そうですよ、
おじさんは既に40上げたそうです。

僕にはもう釣れそうもありません。

おじさん、

今回もお世話になりました。

”リベンジ”なんていう攻めの姿勢で臨むと多分ダメですよ。

次回は謙虚に”チャレンジ”したいと思います。運が良ければ、もしかしたら釣れますよ。それでいいんです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ため息連発...:

« 梅雨入り間近 | トップページ | 釣れないな~ »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック