« 初雪 | トップページ | GXRの追加 »

2013年1月16日 (水)

GXRは良い!

2013.1.16(水)

Imgp2963

安くなってきたGXRのボディーを買うべきか悩んでいます。

先日写真の撮り方について知人に尋ねられました。

「手振れに注意して、たまに露出補正をするくらいだよ」なんて返しました。

手振れについて強く意識したのはデジカメを使い始めてからです。以前に書きましたが、フィルムからデジタルに移行したきかっけは”手振れ補正”です。ボディ内手振れ補正搭載のペンタックスのK100D、画期的なことと思い予約して買いました。(レンズ内補正はフィルム時代から他社にはありましたけどね。)

09126_k7lens2mono

当たり前ですが、デジタルはフィルムと違ってパソコンに画像を取り込みます。拡大してみると微妙なブレやピンボケが明らかに分かります。

そして、露出補正。フィルムではほとんどしませんでした。ワンショットでアンダー、適正、オーバーの3カットなんて、36枚フィルムがすぐになくなってしまいますよね。デジカメだと取ったその場で画像を確認できるので、補正の効果もすぐに確認できます。(PCの画面で見ると印象が変わることも多々ありますけど)

デジカメには相性があると思います。性能面だけ取れば最新の機器が良いに決まっていますが、性能の良いカメラで写した写真=良い写真ではないでしょう。電子機器であると同時に光学製品、デジタルとアナログの融合みたいな面が強いからですかね?

11108_gxr3

とても気に入っているリコーのGXR。

発売されてから3年以上経ちます。AFは遅いし、手振れ補正もなし。進歩の激しいデジカメの中ではいささか時代遅れの感もありますが...

GRレンズのキレの良さと、デザイン。大きすぎず、小さすぎず、適度なサイズと手にしたときの質感の高さ。50mm相当のGRレンズが特にお気に入りです。

手振れは気合で抑えます。一眼レフのようにミラーショックがないためか、丁寧にシャッターを押せば案外奇麗に写ります。(SSの遅い場合、もちろん枚数で稼ぎます)

ちなみに釣りには使えませんでした。防滴でないので面倒くさくて撮影しないんです。

20041029_21

こちらはMZ-3での撮影した一枚。以前長崎(ハウステンボス)に出掛けた時のポジフィルムをスキャナーで取り込んだ画像です。パソコンで拡大してみると眠い画像が多くてボツ写真だらけでした。でも、奇麗に写った時の満足感は大きいような...

GXRもそうなんです。このカメラで奇麗に取れると上手く取れたような気になれるんです。なんだかフライフィッシングと同じような気がします。結果に至るまでのプロセスも意味を持つんですよね。

ウンチクを長々と述べてしまってすみません。なんだかんだと言って、購入に踏み切るための口実をこうして模索しているだけなんです...

« 初雪 | トップページ | GXRの追加 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: GXRは良い!:

« 初雪 | トップページ | GXRの追加 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック