« タイイング | トップページ | 早春の鎌倉散策(2) »

2013年1月27日 (日)

早春の鎌倉散策(1)

2012.1.27(日)

Rimg61452

一足早い春を求めて訪れました。

まずは御成町のパーキングから鶴岡八幡宮を目指します。

Rimg6210

Rimg6211

Rimg6229

Rimg6225

江ノ電の踏切を渡り、八幡宮の参道である若宮大路を歩きます。

スーパー、八百屋、酒屋、みやげ物屋などたくさんの店が立ち並んでいますが、朝のうちは閑散としていました。

Rimg6215

今日の朝食はミスタードーナツで、安上がりに済ませました。

Rimg6233

鶴岡八幡宮はただ通り抜けただけ、今回は二階堂地区をメインに歩くプランを立てました。

Rimg6245

まずは道案内の通りに、源頼朝の墓→荏柄天神社→鎌倉宮の順に進み、往路は最遠方の瑞泉寺まで。

Rimg6243

頼朝の墓を見物する人は結構いましたが、その裏手にある公家の墓(やぐら)には道案内もなく、見物人も一人のみでした。リスを何匹も見ました。

さて今回の目的は、荏柄天神社の梅、瑞泉寺の水仙と蝋梅を見ることでした。

Rimg6277

この神社の梅は鎌倉一番の早咲きだそうですが、ちょっと早すぎましたね。

Rimg6267

両手で数えられる程度の花が咲いていました。青空とのコントラストが奇麗です。

ここは学問の神、菅原道真を祭ってあるそうで、たくさんお合格祈願の絵馬がつるさっていました。今まさに、受験シーズンですからね。

Rimg6271

絵馬の人物は菅原道真でしょうが、道真と知らないとどうみても源頼朝にしか見えません。

自宅を出る時、車の外気温はマイナス2℃でした。しかし、雲ひとつない快晴で、風もなく、空気は澄んでいて、心地良いお散歩日和でした。

つづく...

« タイイング | トップページ | 早春の鎌倉散策(2) »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の鎌倉散策(1):

« タイイング | トップページ | 早春の鎌倉散策(2) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック