« 早春の鎌倉散策(2) | トップページ | ネット作り »

2013年1月29日 (火)

早春の鎌倉散策(3)

2013.1.27(日)

Rimg6366

杉本寺、報国寺と続きます。

市街地を歩いていて感じましたが、古都鎌倉にも格差社会が存在します。

日当たりの良い地域には、敷地が広く立派な門構えの旧家、洒落た高級邸宅が多く立ち並び、山の裏や谷間の日当たりが悪い地域には、それなりの家が密集しています。恐らく太古の昔からこの”格差”は続いているのではないでしょうか?

13127

さて、ランチを食べ終えてまず向かった先は杉本寺。

杉本寺は鎌倉で最も古いお寺だそうです。

Rimg6343

渋滞している金沢街道に面しています。しかし、急な階段を上るとそんな喧騒は気にならなくなりました。写真の古い苔むした石段は保護のため通行禁止なので、本堂までは側道を上がます。

Rimg6356

茅葺き屋根です。さすが、鎌倉最古ですね。

残念なのは、石段、本堂とも、しつこいくらいに立てられている”十一面杉本観音”という旗。これさえなければ、侘び寂びの世界に浸れると思うんですけどね。

杉本寺を後にし、報国寺を目指します。

Rimg6364

Rimg6377

Rimg6381

竹林で有名な報国寺ですが、枯山水の庭園も奇麗でした。日陰でじっとしているとさすがに寒いので長居はしませんでした。寒くなければ、竹林で思いにふけってみるのもよいでしょうね。

ここからは、駐車場目指して帰路に着きます。

”釈迦堂口切り通し”の案内を見つけたので行って見ましたが、がけ崩れのため通行止めでした。残念。

鶴岡八幡宮を目指し、途中から朝歩いた道を経て、みやげ物屋、雑貨屋で寄り道しながら御成町のパーキングに戻りました。

名所、史跡でなくても、写真に取りたくなるような被写体が多く、何気ない道を歩いていても飽きることはありませんね。

Rimg6385

Rimg6388

Rimg6391

13127_21

今回、カメラはGXR2台(28mmと50mmのGRレンズ)を使用しました。ユニットの交換をしなくて済むので快適です。

これまで、カバンやポーチからいちいちレンズを取り出して、落とさないように気を使って交換するのは非常に面倒でした。2台を首や肩にぶら下げていても、小型なのでそれほど邪魔になりませんでした。

ちなみに先日購入したズームユニットは大きくかさばるので持っていきませんでした。今度使ってみましょう。

それと、スマートフォン(iPhone)は便利です。GPSと連動したマップ、非常に重宝します。今までは、地図をカバンから出したりしまったり、あるいは片手に持って歩いていました。

次回は梅、もしくは桜の時期に歩きたいですね。

13127_1

« 早春の鎌倉散策(2) | トップページ | ネット作り »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

Aさん今晩は、
当然ですが景色が違いますね、もう春って感じですね。
実はこっちは夕べから雨でした、最高気温も高いところで15度もありました、ビックリです。

おじさん、こんばんは、

今日は東京も寒さは和らぎました。
温かくなるのは良いのですが、若干眼のかゆみを感じました。

もう2月、今年は解禁までが短く感じています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 早春の鎌倉散策(3):

« 早春の鎌倉散策(2) | トップページ | ネット作り »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック