« 秋の気配 | トップページ | 奥飛騨に散る... »

2013年9月 1日 (日)

Big Dry-Flies

2013.9.1(日)

Rimg10935

楽しく巻き巻き。

近年、フライを巻くのがおっくうになってきています。同じようなフライばかり巻いていると飽きが生じますよね。消耗品の補充なんです。目は疲れるし、肩は凝る。

しかし、最近始めた大きく派手なパターンのタイイングは意外と楽しめます。

どデカイ虹鱒が水面を割って飛び出す場面を想像しながら、見様見真似で幾つか巻いてみることに...

スティミュレイター、チェルノブイリ・アント、ラバーレッグ・カディス...

見た目も名称も派手で、ケバケバシイものばかり...

何事も新鮮な気持ちが大切ということですね。

Rimg10924

« 秋の気配 | トップページ | 奥飛騨に散る... »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

 北海道の準備ですね。羨ましいなあ。

 確かにいつも同じようなものを巻いていると「飽き」がきますよね。残念ながら,私には北海道に行く予定もないので,いつものフライをこつこつ巻いてます。

 こちらも間もなく,シーズン初の東北です。Aさんが釣り残してくれた大物がいればいいんですけど・・・。頑張ってきます!

ぢん さん、

今頃東北でしょうか。
明日合流しますので、お付き合い宜しくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Big Dry-Flies:

« 秋の気配 | トップページ | 奥飛騨に散る... »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック