« TV復活 | トップページ | 燻製キッチン »

2014年2月19日 (水)

深大寺

2014.2.16(日)

Imgp0331

食べ歩き&茶碗の絵付け、です。

大雪後の日曜日は、とても良く晴れて気持ちよい天気となりました。

家にこもっているのはもったいないので、プチ旅行気分を味わえる深大寺に出掛けました。

新調したカメラを使いたくてウズウズしていたってのもあります。

Imgp0353

まずは腹ごしらえ、この日は”深水庵”に。

蕎麦、野菜天ぷら、味噌田楽を注文。

Imgp0264

ペロッと平らげてしまいました。

ちょっと物足りないけど散策がてらの食べ歩きがありますから、ちょうど良い量かもしれません。

Imgp0273

見慣れた水車も雪があると風情を感じます。

Imgp0280

Imgp0281

”あめや”で、べっこう飴、蕎麦パン(高菜)、団子を購入。

まだまだ、お腹は満たされません。

Imgp0328

本殿でお参り後、”雀のお宿”という店を覗きました。

ここも蕎麦屋ですが、甘味もありました。

Imgp0294

土産用のくず餅(2~3人前)が700円で売られていました。店内メニューにもくず餅があったので、量を尋ねてみました。多いというので店で食べようと思ったけど、「一人一品以上注文してください」と言われたので、「じゃ、いいや、」とやめときました。

Imgp0349

そして、いつもは気にも留めない”深大窯”です。

”らくやき”とは、陶器に好きなように絵付けをできる焼き物のことのようです。

Imgp0309

Imgp0304

Imgp0317

Imgp0330

白く絵付け前の陶器を選び、好きなように絵を描いて、窯で焼いてもらい、出来上がります。

僕は暇なので店内や辺りをウロウロしていました。

Imgp0303

Imgp0306

そして、焼き上がりを待つ20分間、皆で再び腹ごしらえです。

”じゃころっけ”を食べたかったので、”鬼太郎茶屋”に入りました。

Imgp0337

奥の食事スペース、以前は座敷で狭かったのですが、改装されていました。

この日は、雪のせいか、どこも空いていました。

Imgp0340

お目当ての”じゃころっけ”。

ゲゲゲの鬼太郎の作者、水木しげるの故郷である鳥取県境港の名物?らしいです。

Imgp0345

店の前に停められている軽のワンボックス、鳥取ナンバーです。こだわっていますね。

Imgp0341

Imgp0343

”なまけ者になりなさい”...

Imgp0350

今日みかけた猫クンは臆病なようで、これ以上近寄れませんでした。

雪の残る中、なかなか楽しい身近な散策でした。

Imgp0291

« TV復活 | トップページ | 燻製キッチン »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺:

« TV復活 | トップページ | 燻製キッチン »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック