« 中越の旅(後編) | トップページ | イワナと流木 »

2014年5月 8日 (木)

家族で管釣り

2014.5.6

1456_22

久しぶりに管釣りで遊びました。

前日(5/5)、江戸東京たてもの園で開催されたベーゴマ大会で、初戦で敗退してしまった はるちゃん(小2)。ちなみに僕は仕事で付き添えなかったので詳細は分かりません。

今度は”釣りしたい♡”とのこと。何ともうれしいお願いです。早速、翌日(5/6)出掛けました。さきちゃん(中1)は、こんなことに付き合っていられないお年頃ということで、猫のミーちゃんとお留守番。なので、釣りに出掛けたのは、はるちゃん、妻K、僕の3人です。

場所は山梨県にある奈良子釣りセンターという管理釣り場。

1456

ここは朝6:30から営業していますが、7時前に到着時、来ていたのは餌釣りのグループが一組のみ。ルアー&フライ・コーナーでは、まだ誰も釣りをしていませんでした。

12時までの午前券を購入し、いざ釣り開始。

朝早いうちは反応が鈍かったものの、徐々に魚の活性も上がり、たくさん釣ることができました。

1456_14

はるちゃんも数えきれないくらい釣れたので、たいそう喜んでくれました。

妻Kもこの通り、たくさん掛けていましたよ。

1456_2

フライは全て沈めました。とにかく釣って楽しんでもらわないといけませんからね。

パターンは管釣りの定番マラブーのみです。

1455_13

前夜慌てて巻きました。

飽きもせずに3人で、朝食以外はずっと釣っていましたが、終了時間が迫ってきた午前11:30過ぎ、魚を掬うことに夢中になっていた一名がダイブ、いわゆる”沈”ってやつですね。

冷たい空気が流れたので、終了時間の12時を前に、この時点で釣りは終了となりました。

1456_bbq4

この後、軽くBBQをして早々に帰りました。

ストレス解消、結構楽しめました。

後日談ですが、友達に釣りの話をした はるちゃんですが、ヤマメも釣った、イワナも釣った、と言ったとか。本人はニジマスしか釣ってないのに、釣りの話になると小さな子供でも釣果が大きく膨らむんですかね。

« 中越の旅(後編) | トップページ | イワナと流木 »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

おじさんの楽しみが一つ増えました。

おじさん、こんばんは、

3人で岩手の渓流で釣りしたいですね。

まだまだ、元気でいてくださいね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 家族で管釣り:

« 中越の旅(後編) | トップページ | イワナと流木 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック