« 井の頭公園 | トップページ | 経費高騰 »

2014年5月18日 (日)

大菩薩

2014.5.18

Imgp2328

富士山が良く望めました。

ハイキングに良い季節です。

我が家から遠くなくて、3~4時間で回れる手軽なトレッキングコース、しかも半日で帰って来れる、そんな条件を満たすコースが幾つか頭に浮かびました。

しかし調べてみると、西沢渓谷、「奥多摩むかしみち」、「奥多摩湖いこいの路」は、今年2月の大雪の影響で、現在も一部通行不可、もしくは通行止めとのこと。

そこで、大菩薩へ行こう!、ということになりました。

何だか急に”山ガール”を意識し始めた妻K。大菩薩なら名前からして本格的っぽいし、小説のタイトルにもなっているので、そこに登ったと話せば、ママ友達から羨望の眼差しを浴びるはず...

早朝4時半に自宅を出発。途中のコンビニで朝食のおにぎりを買い、中央道勝沼ICまでひとっ走り、標高1500m越えの上日川峠の駐車場に午前6時半前に到着しました。

こんな山奥まで所要時間が2時間切るなんて、高速道路は本当に便利です。

Imgp2221_2

上日川峠には「長兵衛ロッジ」という山小屋があり宿泊もできます。

ここから大菩薩峠、大菩薩嶺を巡るコースは所要時間3~4時間程度。マイカー利用の最もお気軽なプチ登山です。

他に大菩薩へのコースは、丸川峠を経由する道、小菅方面からの道がありますが、どちらも本格的な登山ルートみたいです。

歩き始めの気温は8℃。標高が高いし、まだ新緑には早かったみたいです。

Imgp2231

でも林間の小路は、朝日を浴びて清々しい。

しばらくして、山小屋「福ちゃん荘」に到着。

Imgp2237

更に歩いて「富士見山荘」。

「福ちゃん荘」までは車で入って来れますが、その奥は一般車両は進入不可です。もし宿泊するなら山小屋の雰囲気を味わいたいので、けっこう年季入っているけど「富士見山荘」か、更に奥の峠にある「介山荘」がいいかな、と思いました。

Imgp2240

「富士見山荘」、その名の通り、ここから富士山が良く見えます。

Imgp2242

小屋の敷地に年代もののブランコがありました。かなり危ない感じでしたが、なかなかノスタルジックですね。

Imgp2244

この後も、ぎりぎり軽自動車が入れる幅の林道をテクテク登っていきます。

途中にあった小屋の前に停まっていた旧型のジムニー。このウインチはダテではなさそうです。

Imgp2250

更にテクテクと歩いて大菩薩峠に到着しました。

標高1897m。快晴です。

Imgp2268

ここからはしばらく稜線を歩きますが、風が強くて寒かったです。

眺めは良いけど、岩場が多く歩きにくい区間でした。

富士山が良く見えて、眼下には甲府盆地が見下ろせました。

Imgp2290

Imgp2304

Imgp2308

Imgp2307

Imgp2294

最初の写真の右奥は山小屋「介山荘」です。

せっかくなので、一応標高2058mの大菩薩嶺に登頂しました。

Imgp2338

”一応”と書いたのは、この山頂付近の眺望は全くダメだからです。

すぐにこの場を去り、後は下山しました。

Imgp2351

上日川峠の駐車場を出たのは10:37、12時半前に家に帰り着くことができました。

当初の予定通り、”3~4時間の歩行時間”、”半日で帰宅”を果たすことができ、達成感に満たされました。

それにしても、すれ違う女性ハイカーの格好が、ちょっと前とは変わった気がします。

しっかりとした登山靴、タイツにショートパンツ、ハット、ステッキ、ナップサック、どれも皆カラフル。これが”山ガール”ファッションか!

”山ガール”に自然と目が行ってしまいました...

その昔スキー場に行くと、どの女性も可愛く見えるという錯覚を体験しましたが、これと似たような心理現象でしょうかね?

« 井の頭公園 | トップページ | 経費高騰 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大菩薩:

« 井の頭公園 | トップページ | 経費高騰 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック