« BBQ & ベーゴマ | トップページ | 中越の旅(前編) »

2014年5月 4日 (日)

駒の湯山荘

2014.5.3 ~ 5.4

Imgp1881

秘湯の温泉宿。

1泊2日の新潟旅行。”駒の湯温泉”の一軒宿、”駒の湯山荘”に宿泊しました。かねてから訪れてみたかった温泉の一つです。

場所は奥只見の玄関口、関越自動車道の小出ICから30~40分の場所に位置します。

この宿、4月下旬~11月中旬の営業で冬季は閉鎖されます。今年はまだ営業を再開したばかりで、宿の周辺にはたくさんの残雪がありました。本当に山深くて、秘湯の雰囲気満点です。

Imgp1760

午後3時頃、宿に到着。

部屋には既に人数分の布団が敷かれてありました。ただひたすらゴロゴロして下さいということなのでしょう。こういうの素敵ですね。

Imgp1772

電気が通じていないのでテレビもないし、携帯の電波も圏外。宿の周辺には何もなくて、散策もできません。なるほど、確かに何もすることがないので、湯につかってゴロゴロするしかないですね。

Imgp1750

ランプの宿をうたっていますが、自家発電による電燈も灯っていました。なんでも消防の指導でそのようになったとか。仕方ないけど、少々残念な風潮ですね。

部屋の天井には二つのランプが吊るさっていました。夜になると奥の石油ランプに火を付けてくれます。あとは、ランプと電燈の併用、電燈のみ、ランプのみ、とお好みで使えるようになっています。もちろん石油ランプのみがお勧めですよ。

早速温泉に入ってみました。

家族風呂2つ、内湯は女性専用と混浴、外湯(露天)も女性専用と混浴、それに河原にある混浴露天風呂の計7つの風呂があります。

Imgp1811

泉質は弱アルカリ泉。源泉の温度は33℃とぬるいです。

どの風呂場にも、源泉の入った大きめのぬるい湯船と、加温した湯が入っている熱い小さめの湯船がセットになっていて、交互に入って時間をかけて浸かるのが良いようです。

初めのうちは、こんなにぬるい湯には長くつかっていられないと感じましたが、次第に”ぬる湯に長風呂”に慣れてきました。湯あたりもしそうにないですし、湯治しているような気分になれますよ。

初日の夕方から結構激しい雨が降り出したので、露天は諦めました。

温泉に入って布団で横になってを繰り返しますが、他にすることがないので、いつもにも増して食事の時間が待ち遠しくなります。

Imgp1777

夕食は午後6時から。

Imgp1788

山菜の類が中心で、イワナの塩焼き、魚沼牛のユッケ風など。米はもちろん魚沼産。

派手さはありませんが、素材にこだわった内容ですね。

食事も評判良いのがうなづけました。

Imgp1806

ご飯のお代わりが進み、かなり満腹に...

食後に一風呂浴びて、眠りにつきました。

この日は朝の出発が早かったこともあり、午後8時前には眠ってしまったようです。

翌日は午前4時過ぎに覚醒。寒いので布団の中でモゾモゾしていましたが、5時に湯に入りました。こんな早朝なのに、風呂に入っている人の多いこと。TVもないので皆さんきっと早く寝たのでしょうね。

朝も食事の時間が待ち遠しい...

朝食は午前7時半から。

Imgp1837

朝食もとても美味しかった。

Imgp1846

こだわりの納豆。主人の説明ではなかなか手に入らない一品だとか。

僕には日本一の味と言われても良く分かりませんでしたが、美味しかったですよ。納豆好きの方に是非食べてもらいたいかな。

Imgp1853

豆乳につかった湯豆腐も何気に美味。

朝からおひつの中のご飯は空になりました。

さて話は温泉に戻りますが、2日目は朝から快晴となり、楽しみにしていた河原の混浴露天風呂に入ってみました。

Imgp1883

気持ち良いし、出ると寒いので結構な長風呂しました。

横を流れるのは佐梨川、雪代がゴウゴウ流れていました。

この温泉の噴出量は毎分2000リットルだとか。とても凄い勢いで吹き出ていました。

Imgp1878

本などで見るとこの露天風呂には屋根が付いていたようですが、今はありません。柱の跡は残っていました。

この冬の雪で施設の一部が壊れた、と電話で予約を取る時に宿の主人が言っていましたが、きっとこのことですね。まあ屋根がないと開放感あって、野性味あふれる感じもしますけどね。

Imgp1893

チェックアウトの午前10までゆっくり滞在しました。

宿泊費は非常に良心的、宿のご主人は感じの良い人。ちょっと遠いけど、また来ても良いかなと思わせる温泉宿でした。

ちなみにリピーター多いようですよ。

Imgp1909

« BBQ & ベーゴマ | トップページ | 中越の旅(前編) »

温泉」カテゴリの記事

コメント

 テレビのない夜に,温泉と布団の繰り返しって贅沢かも知れませんね。羨ましい。

 ところで,ブログの写真が益々パワーアップというか,レベルアップしてませんか?どこがどうとか詳しいことは判りませんが,「むむむ」と感じる写真ばかりです。写真の腕前もあげてますね。

ぢん さん、こんばんは、

テレビがなくて、携帯の電波が届かないと、本当に何もすることがなくて良かったです。でも、退屈してしまうので、一泊が限度かなあ。

さて、写真はそうですかねえ。
変わったことといえば使うカメラが変わりました。一眼レフを買い替えたので、ここ数か月の写真はほとんど一眼レフで撮ったものです。それまで釣り以外は、GXRというちょっと変わったミラーレスの写真がほとんどでしたから。

では、また...

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 駒の湯山荘:

« BBQ & ベーゴマ | トップページ | 中越の旅(前編) »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック