« 三口イワナ | トップページ | カブトムシの季節 »

2014年6月23日 (月)

渓魚は何処へ?

2014.6.20

Imgp3114

良い時期のはず...

雪代が収まり、渓魚が一気に活気づく6月の東北の渓。

6月も初めのうちは、雪代の引き具合によってはタイミングが難しいのですが、中旬になればベストになるはず...

それを見越して休みを調節し、フライフィッシャー達は遠路はるばる東北にやってくるわけです。

今シーズンも例年通り、FFの宿クボタロッジは平日だというのに釣り人で賑わっていました。その分オーナーのおじさんは仕事に忙しくて釣りに行けないみたいですけどね。

この日はキム猫さん、tonoさん、そして僕の3人でロッジ近くの山岳渓流に入りました。

この渓のこの区間、実は5年振りくらい。八幡平に通い始めた当初はよく入った川ですが、最近はすっかり足が遠のいていました。

はじめのうちはそこそこ反応があって、良い感じがしました。

最初の大場所であるこのプールではライズも起こって、ご覧の通り、

Imgp3102

Imgp3108

お二人ともいい感じで竿をしならせていました。僕はやらかしてしまいましたけど...

この後がいけません。遡行するにつれて反応が乏しくなっていくんです。

Imgp3124

釣り始めは曇り空で雨もパラついていたけど、途中からは晴れ上って活性が上がるかと思いましたが、最後まで駄目でした...

でも、お二方とも尺には届かないものの、良型を釣っていましたよ。

Imgp3127

僕にはこのサイズが幾つか。

渓相は抜群なんですけどね...

そして退渓点である最後の難所、久々に疲れました...

まあ釣果は乏しかったけれど、3人での釣り、楽しかったですよ。

Imgp3116_2

殿様(tonoさん)、お疲れのところお供させて頂き、誠に光栄でござった。

« 三口イワナ | トップページ | カブトムシの季節 »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

ここの区間を釣るのは体力いりますよね
それにしてもなかなか本調子になりませんねえ
でも、さすがにそろそろスイッチ入るかな。

こんばんは、今帰宅しました。
お世話になりました。
2枚目の写真は1人コントのシーンですね、
お恥ずかしい。
これに懲りずにまたお付き合いくださいませ。

えふ さん、

釣り上がるほど反応が少なくなりました。

この川の一番下の区間は良かったみたいなので、もしかしたら、たくさんのイワナが大水で流されてしまったのかな?なんて思っちゃいました。

この反応の悪さ、本当のところは何なんでしょうかね?

tonoさん、

先日は険しい区間をお付き合い頂き、ありがとうございました。
少し残念な釣果でしたが、楽しませて頂きました。
次回も一人コントを見せてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 渓魚は何処へ?:

« 三口イワナ | トップページ | カブトムシの季節 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック