« ”ゆとり”のバランス | トップページ | 三口イワナ »

2014年6月15日 (日)

鶴齢(かくれい)

2014.6.15

Imgp2884

銘酒”鶴齢”を飲む。

新潟県魚沼はちょっとしたゆかりのある地です。

昨年訪れた際に、地元の知人が父親に渡した酒、”鶴齢”。この人物によれば、近い将来幻の酒になるんだとか...

その後新潟を訪れると、地元の飲食店に”鶴齢あります”と言った主旨の案内がやたらと目に付きます。

飲む前に少しウンチクを頭に入れておきましょう。

南魚沼市塩沢にある(株)青木酒造で醸造。酒瓶のラベルには”酒造りに適した巻機山(まきはたやま)伏流水仕込みによる新潟県塩沢の地酒”と記されています。

今回飲んだのは”特別純米”、精米歩合55%、アルコール分17度。

今晩の食卓は、この日本酒をイメージしながら適当に物色した食材で調理されたものです(調理は妻K)。まあ、味付けは醤油ベース、つまみ中心という感じです。

Imgp2897

日本酒の王道という感じの味で、美味しかったです。

ワインだと産地が外国の場合が多く曖昧なイメージしか湧きませんが、日本酒の場合は実際に訪れたりして思い入れが深く、感慨深いものがあります。

近所で扱っている酒屋を見つけたので、またいろいろ試してみたいと思います。

« ”ゆとり”のバランス | トップページ | 三口イワナ »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鶴齢(かくれい):

« ”ゆとり”のバランス | トップページ | 三口イワナ »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック