« 雲取山 | トップページ | 熊の湯温泉 »

2014年8月25日 (月)

尾瀬

2014.8.24

Imgp5621_2

この方と巡る夏の尾瀬。

”キム猫”さんというニックネームがすっかり定着した釣り仲間、キムさん。

話の流れで今回はトレッキングにご一緒することになりました。

場所は、本州最大の湿原、尾瀬。フライロッドの代わりにカメラを抱えての尾瀬ハイク、どうなることやら...

戸倉の駐車場に到着したのは午前6時前。ここからシャトルバスに乗り換えて尾瀬の入口”鳩待峠”に向かいました。

Imgp5511

麓は晴れていたのに、バスを降りるとガスがかかっていました。

さあ、出発しましょう。

Imgp5513

結構良いペースで進んでいますね。まあ、尾瀬ケ原までは下りですから...

Imgp5516_2

途中に設置されていたクマ避けの鈴。”初”尾瀬なので、鳴らしてもらいました。

ほどなく、”山の鼻”に到着。

Imgp5520

ここで朝食を食べ、尾瀬ケ原に入ります。

歩き始めた時は、まだ曇り空、背後の至仏山は完全に雲に隠れてしまっていて真っ白。

Imgp5528

木道を歩いていると、次第に雲が流されていって、

Imgp5531

Imgp5554

Imgp5573

背後に至仏山の頂が現れました。

雲が晴れるまでの時間は、ごく短時間、神秘的です。

そして、湿原には朝靄の残していった水滴を付けた草花や蜘蛛の巣。

Imgp5535

Imgp5547_2

Imgp5561

Imgp5562

本当に小さな水滴が、ありとあらゆる物に付いているようでした。

朝の湿原は良いですね。朝の湿原を”見る”、”撮る”ために山小屋に泊まる人も多いというのもうなづけます。

Imgp5580

Imgp5581

Imgp5596

Imgp5620

たくさん点在する地糠も朝の空を映して、とても綺麗です。

ザックから出した一眼レフを担いで歩くキムさん。朝日を浴びてなかなかサマになってますね。

Imgp5557_2

視線の先は、野鳥たち。

Imgp5593

とにかく、鳥を見つけるのが早い。

僕には、どこに鳥がいるのかサッパリわかりません....

Imgp5623

これは確か、産卵しながら飛行しているトンボを狙っているところ。

Imgp5628

トンボを狙っていたかと思えば、すぐに鳥を見つけてカメラを向けています。

キムさん、鳥の知識もなかなかで、鳴き声だけで種類を同定していました。感心しましたよ。

こんな感じで歩いているうちに”竜宮”に着きました。

Imgp5633

少し休みながら、地図を広げて今日のコースを確認します。

”鳩待峠”から”山の鼻”に下りて、”牛首”、”竜宮”、”見晴”に抜けます。そこから尾瀬沼に抜け、沼畔を歩き、三平峠経由で大清水を目指します。

ところで、8月の尾瀬は人が少ないのです。理由は、花が少なく、紅葉でもないから。確かに8月は、水芭蕉の5~6月、ニッコウキスゲの7月、9月下旬~10月の紅葉というハイシーズンの谷間になります。

竜宮を過ぎると歩く人はほんとにまばら。周りのペースを気にしなくて良いので楽です。

Imgp5600

Imgp5604

Imgp5611

Imgp5641

派手な咲き方をしている花はないものの、それでも可憐な花はたくさんみることができました。

そして、たくさんの山小屋が立ち並ぶ”見晴”に到着。ちなみに9時半です。

Imgp5652

Imgp5654

青空、木々の緑、そよ風...、とても心地良かったです。

この先は林間の道にはいって”沼尻”に向かいます。

Imgp5657

森の中に入ると、飛び交う野鳥が増えますね。

鳥の撮影のため立ち止まることが多くなりました。

Imgp5658

Imgp5662

超望遠レンズを付けていない僕には、鳥は狙えないので、近くに止まっていたトンボでも撮りました。

Imgp5667

この先の峠越えが少々きつかったです。峠を越えて、小さい湿原を抜けると、尾瀬沼の畔”沼尻”の休憩所です。

Imgp5681

Imgp5684

天気が悪くなってきました。休憩していると、雨がポツポツ落ちてきました。

ここで、ビール、キノコ汁を注文し、早昼食を摂ります。食料が減ったので、だいぶ荷物が軽くなりました。

Imgp5675_2

ここからちょっと歩くペースを速めます。雨が降っているので、写真もほとんど撮らなくなりました。

三平下の休憩所。

Imgp5693

Imgp5692

Imgp5688

先日の”アド街ック天国”で紹介されていた”花豆ジェラート”。

甘すぎないのが、グッドです。

この後は、最後の一歩き、三平峠越えです。

ゴールの”大清水”まで約2時間の徒歩を覚悟していましたが、途中の”一之瀬”でエコバス(うろ覚えなので適当な名称です)なるものが登場。

Imgp5696

Imgp5698

ハイブリッドのミニバン(エスティマ)ですね。

今年の7月から試験運行中のようですが、なんと無料!

最後の3km強、楽させてもらうことに。雨が降っていたので、とても助かりました。

Imgp5700

”大清水”に到着。ここからバスで、朝車を止めた”戸倉”に向かいます。

キム猫さん、お疲れ様でした。意外な人物とのハイキング、なかなか楽しませてもらいました。

釣りのシーズンが終わったら、またどこかへ行きましょうね。

« 雲取山 | トップページ | 熊の湯温泉 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

尾瀬はいつか行ってみたいところです。
白い虹を観てみたいですね。

ガイドありがとうございました。
また誘って下さい。

今回、下り道で不安を覚えたので登山靴を物色してきました。ザンバランのパスビオをお取り寄せ中。

240Gさん、

尾瀬はハイキング、登山、日帰り、山小屋泊、とバリエーション豊富なので、楽しみ方もいろいろあって良いですよ。

東京からだと比較的近いので、気軽に行けるのも良いところです。

機会があったら、是非訪れてみて下さい。

猫さん、

お疲れさまでした。
早速靴を購入しましたね。
秋になったら、何処かに行きましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬:

« 雲取山 | トップページ | 熊の湯温泉 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック