« 秋刀魚の塩焼き | トップページ | 北海道の準備 »

2014年9月27日 (土)

宝永山

2014.9.27

Imgp6617

荒涼とした風景。

富士山の富士宮登山口のある新五合目から、宝永山へプチ登山に行きました。

宝永4年(1707年)に噴火した、すり鉢型の宝永火口の南東端に突き出たピークが宝永山です。標高は2693mで、富士山でもっとも大きな側火山(寄生火山)だそうです。

これまで、宝永山なんて全く聞いたことありませんでした。ひょんなことから、その存在を知り、調べてみたら意外な穴場だということが分かりました。

Imgp6518

Imgp6525

標高2400の新五合目駐車場に午前7時前に到着。

快晴で、しかもほぼ無風。朝の気温は7℃でしたが、歩き出すと、日が当たっていることもあってポカポカしてきました。

Imgp6517

新五合目からの眺め。

駿河湾に、富士市と富士宮の市街が一望できました。

Imgp6534

反対を見上げれば、富士山ですね。

この辺り、ちょうど紅葉の見頃のようです。良い時期に来ることができました。

Imgp6536

Imgp6547

まずは、新五合目から新六合目を目指します。

ここで富士山に上がる登山道と、宝永山への道が分岐します。

Imgp6552_2

Imgp6556

眼下に広がるカラマツ林が色づくのは、まだこれから。10月中旬から11月初めらしいです。

Imgp6566

Imgp6563

少し進むと宝永火口が現れ、目指す宝永山の頂が見えてきました。

ここから一度下って、上り坂をテクテクと上がって行きます。

Imgp6701

Imgp6614

この区間に広がる草の紅葉はまさに見頃で、色鮮やかでした。

辺り一面の金色という紅葉ではありませんが、溶岩地帯に点在した草が色づく様もなかなか綺麗ですね。

Imgp6607

ここからの上り、結構大変でした。

傾斜がきついこともありますが、それよりも地面がジャリジャリしていて歩きにくかったです。前へ進もうとして足を踏み出すと、後ろに下がってしまうので、なかなか進みません。

Imgp6632

ずっと先が見えていても、近いようでなかなか辿りつかないので、精神的にもなかなか進まない気がしました。

Imgp6637_2

途中で出会った初老の男性から聞いた話では、火口部の崩落は続いているのだとか。岩の間や地面にしみ込んだ水が凍って膨張して崩れるそうです。

Imgp6639

Imgp6664

尾根に上がると、完全に雲の上。

ここまで来れば山頂はすぐそこです。

Imgp6645

Imgp6642

そして、宝永山山頂に到着しました。

散歩気分で気軽に歩いて来ましたが、標高2700m弱ですから結構な高所です。

周囲にに遮るものが何もなくて、普段は風が強い場所のようですが、今日は限りなく無風に近い状態で幸運でした。

Imgp6656

眼下には芦ノ湖が見えました。

来た道を引き返します。

Imgp6688

Imgp6690

Imgp6693

再び火口付近の紅葉を眺めながら歩きます。

改めて、綺麗ですね。

Imgp6706

Imgp6726

Imgp6728

宝永山を後にし、新六合目に向かいます。

Imgp6731

ここで、家族皆で冷えたラムネを飲みました。ラムネ一本200円、4人で800円。

近所の小金井公園の売店でもラムネ一本150円するので、山の上の割には安く感じました。

Imgp6735

Imgp6742

新六合目から新五合目の駐車場へは、すぐ着きました。

気軽に富士登山”気分”を味わうことが出来て楽しかったです。

« 秋刀魚の塩焼き | トップページ | 北海道の準備 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

新5合目の駐車場には何度も行ったことがあるので懐かしい風景です。
天気に恵まれて草紅葉が綺麗だし最高の景色ですね。
火山礫の登山道の辛さ、よく分かりますよ。富士登山はこの火山礫で泣かされます。

240Gさん、

富士宮口には初めて行きました。
富士山の光景は独特で、日本離れした荒涼とした感じは素晴らしいですね。

いずれは富士山に登ってみたいと思いますが、世界遺産ブームが一段落してからになりそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宝永山:

« 秋刀魚の塩焼き | トップページ | 北海道の準備 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック