« おつまみ作り | トップページ | ミョウガづくし »

2014年9月13日 (土)

虹色ヤマメ

2014.9.4 / 9.5 / 9.11 / 9.12

Imgp6056

秋のヤマメ釣り、まとめて更新です。

早いもので、あっという間に9月になってしまいました。気が付けば、もう中旬。

秋の釣り、しかもヤマメ釣りとなると、なかなか良い釣りができないのが常。

前回の釣りの記事は絶好調で、尺ヤマメがバシバシ!登場しましたが、それもどこ吹く風...

以下は、2回に分けて出掛けた北東北遠征、同じ河川でのヤマメ釣りです。

----------------------------------------------

9/4はクボタロッジのおじさんと、馴染みの川へ。

Imgp6013

水量は少し多め。

この日はこれまでに訪れた中で、最も好反応な印象を受けました。

何と、入渓して間もないうちに良型のアタリです。

”いや~、これはまだ好調を維持しているな~、シメシメ...”なんて、いやらしいことを考えながら魚を寄せます。やり取りの最中、立派な体高、曲がった鼻、赤く色付いた魚体を確認しました。”絶好調だなあ~”って思いながら背中からネットを取り出し、ランディング体制に入りましたが、あとほんの1.5m位というところで、フックアウト...

頭の中は真っ白、力が抜け、しばし放心状態。

前述にように、この日は魚の反応は良好でしたが、後はボロボロ...

朝一のバラシで完全に流れが変わってしまいましたね。

スッポヌケ、バラシ、アワセ切れ...、ミスのオンパレードで結局、毎度の釣果に終わってしまいました。

一方、浮き沈みのないおじさんは、こんな感じ。

Imgp6014

Imgp6015

立派な秋ヤマメ、羨ましいですね。

おじさん、他にも幾つか良いのを釣っていました。

この川、昨年秋の水害でダメになってしまったかと心配してましたが、良型が結構いることが分かったので安心しました。

ロッジに戻っての美味しい夕食。

Imgp6018

Imgp6021

クボタで秋刀魚(サンマ)の刺身を食べると、秋ですね。

ビーフシチュー、確か3日間くらい煮込むのかな?

釣りの腕は凄いし、料理も一流。朝から晩まで一日相手して頂いて、おじさんには頭があがりませんよ。

-----------------------------------------------

9/5、リベンジを図ります。

が、前夜の大雨で川は増水。前日とは打って変わって、まるで別の川のようです。

アタリ、全くなし。

後半、仕方ないので別の川に移動しましたが、こちらは逆に渇水でした。

水量のある区間に入ろうとしましたが先行者がいたので諦めました。渇水区間をやりましたが、ボウズ回避が精一杯。

Imgp6025

Imgp6031

黄色く色づいた稲穂と、秋の空。

禁漁が近づくこの時期、ちょっと淋しいですね。

一旦東京に戻ります。

-----------------------------------------------

9/11、再びやってきました。

Imgp6037

しつこいけど、また同じ川です。

バラしたヤマメの呪縛がなかなか解けないようです。

水量はガクンと落ち、魚の反応は普段通り。

Imgp6040

小物中心でしたが、こんなヤマメが少しだけ竿を絞り込んでくれました。

さて、次の日はどうしましょう?

-----------------------------------------------

9/12、今年最後の岩手での釣りとなります。

Imgp6077

しつこいけど、またまた同じ川、かなり執念深いですね。

散々な結果が続いたので、最後はイワナの引きを楽しもうかな、とも考えました。でも結局来てしまいました。

実はこの川、ここ数年僕が年券を購入する唯一の漁協の管轄です。今年は元が取れるか微妙な釣行回数で、あと一日釣ればかろうじて損しないで済みます。日釣り券500円、年券3000円、というせこいレベルなんですけどね。

天気は晴れ、爽やかな秋空の下、絶好の釣り日和となりました。

Imgp6073

河畔に立つこの木ですが、一本だけ綺麗に色づいていました。

今年最後と思うと、釣果云々とは別に、物思いにふけってしまいます。

Imgp6078

Imgp6079

川辺に見つけた熊の足跡。たくさんありました。

熊も冬眠に備えて、たくさん食べ始める時期なのでしょうかね。

釣果の方は、こんな一本と、アベレージサイズが幾つか出ました。

Imgp6059

Imgp6063

Imgp6064

天気が良いためか、魚体がとても綺麗に見えたので、珍しくパーマークをアップで写ました。なかなか綺麗ですよね。(この後、話がうまい具合につながるんですよ。)

尺には届きませんでしたが、嬉しい一本となりました。

早めに切り上げるなら可能ということで、この日もおじさんに付き合ってもらいました。

Imgp6081

おじさんが釣りをする姿を見れるのも今年最後、見納めです。

ほとんどポイント譲ってもらっちゃって、すみませんでした。

午後2時半過ぎ、終了。最後は、清々しい気分で終えることができました。

そして、

Imgp6082

Imgp6083

車を走らせていると現れた綺麗な虹。この辺り、雨が降った後のようです。

虹のようなヤマメの体色に、雨上りの虹。

映画のラストシーンのような、出来すぎた展開の最終日となりました。

10月の北海道のレインボー、期待できそうだなぁ。。。

« おつまみ作り | トップページ | ミョウガづくし »

フライ・フィッシング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、
今年も大変お世話になりました
ありがとうございました。
今年もヤマメ・イワナで黒板が3つ、
いいシーズンでしたね。
次は岩手山楽しみにしています。

おじさん、こんばんは、

こちらこそ、今シーズンもいろいろお世話になりました。

黒板は、無理矢理釣ったイワナと、偶然釣れたヤマメでしたが、まあ何とか来年につなげられて良かったです。

ラストの川、尺は釣れませんでしたが、この川のヤマメはやっぱ格別綺麗に感じます。メジャーなんてあてなければ、今年一番のヤマメですよ。

来月の山登りも楽しみです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 虹色ヤマメ:

« おつまみ作り | トップページ | ミョウガづくし »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック