« 日本酒や | トップページ | 大山 »

2014年10月31日 (金)

大師茶屋

2014.10.31

Imgp7847

深大寺にある蕎麦屋ですが...

数多くの蕎麦屋が立ち並んでいる深大寺ですが、猫のいる蕎麦屋と言えばただ一つ、”大師茶屋”しかありません。

”トラジ”と再会できるかなぁ?

せっかく来たのに猫ちゃん達はお留守のようで、店の入り口前にある猫小屋はし~んとしていました。

Imgp7771

以前立ち寄った時には、こんな猫のオブジェはなかったような...

雨が落ちて来そうな天気でしたが、幸いまだ降っていません。外の席に腰掛けて、蕎麦を注文しました。

店のお兄さんに猫のことを尋ねると、「ほとんど居ないでどこかに行っちゃてるんですよ」「エサをあげる11時と3(15)時には戻ってくるんです」、と。

時刻は午後1時過ぎ。今日はダメかなぁ...

Imgp7760

手前が”十割蕎麦で奥がただの”もりそば”(二八蕎麦)。

十割蕎麦は数量限定だそうで、運良く最後の一枚を注文して終了となりました。

まあ、おかげで十割と二八の食べ比べができました。

比べてみると、確かに両者は違いは分かります。十割の方がより腰があって、二八は若干マイルド?な食感。当たり前ですかね。

Imgp7766

どちらが美味しい、美味しくないという問題ではなく、どちらも美味しかったです。好みと価格差(230円)を考慮して選択すれば良いでしょう。しかし、僕を含めて多くの世間の凡人は”限定”という単語に弱いから、十割蕎麦の方がありがたみを感じるのでしょうね。

Imgp7763

猫の印象ばかりが強かった大師茶屋ですが、肝心の蕎麦の味も良く、店舗の雰囲気もなかなかで見直しました。

会計の時に店のおばちゃんから、猫たちの話を聞くことができました。

昨年僕に寄ってきて撫で撫でさせてもらった、人懐っこい”トラジ”という看板ネコは死んでしまったそうです。

残念でしたが、まあせっかくなので、深大寺の境内を少しブラつきました。

どこかに猫たちがうろついていないかなぁ。

シャッターチャンスはいつ訪れるか分かりませんから、気が抜けませんね。

Imgp7778

Imgp7807

Imgp7808

Imgp7812

Imgp7791

普段は気にも留めない林の中や草むら、屋根の上など、猫たちのいそうな場所をキョロキョロ探しましたが、一匹も目にすることはできませんでした。

深大寺の湧水は豊富であると、あらためて感じますね。

トボトボと車の停めてある”大師茶屋”の駐車場に戻ってくると...

Imgp7816

”茶太郎”が歩いています。

ちょうど店に戻ってきたタイミングのようです。

Imgp7821

跡をつけましたが、店の裏に入って行ってしまいました。

さらに...、

Imgp7824

”しま”が店の入り口でお座りしていました。

Imgp7826

外から店の中を見つめて、じっと座ったままです。

食事を待っているようですね。

”茶太郎”が出てくるだろうと思って、店の反対側に行ってみると、

Imgp7830

予想通り、歩いてきましたよ。

でも、店の前には来ないで、曲がってしまいました。

Imgp7832

Imgp7841

Imgp7842

同じように、エサ待ち体制になりました。

きっと、お店の人が、奥の家からご飯を持って出てくるのでしょうね。

時刻は午後2時過ぎ。3時まではまだ1時間あります。

今日は曇りなので、一時間ずれたのでしょうか。それにしても2匹とも同時間帯に戻ってくるとは、腹時計は正確なんですね。

帰ろうとしたタイミングで、猫たちに会うことができて、本当に運が良かったです。

Imgp7851

« 日本酒や | トップページ | 大山 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大師茶屋:

« 日本酒や | トップページ | 大山 »

フォト
2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

最近のトラックバック