« 晩秋の尾瀬(1) | トップページ | 岩手山 »

2014年10月14日 (火)

晩秋の尾瀬(2)

2014.10.12~10.13

Imgp7431

初日(10/12)の続きから、

鳩待峠からアヤメ平、富士見峠を経て、尾瀬ケ原へ下りて来ました。

この日は秋晴れの登山日和、とても気持ち良いので思わず竜宮小屋のベンチで横になりました。

Imgp7277

Imgp7278

空を見上げると、綺麗な鱗雲が広がっていました。

しばしの休息後、見晴目指して尾瀬ケ原を歩きます。

Imgp7282

Imgp7285

Imgp7289

目の前にはおなじみの燧ケ岳の姿、雄大ですね。

ちなみに歩いている人は、我々以外にほとんどいませんでした。

Imgp7292

Imgp7294

Imgp7298

晴れている尾瀬ケ原、この日が見納めです。

歩くこと約30分、見晴の山小屋が見えてきました。

Imgp7301

ここには山小屋が軒を連ねていますが、宿泊したのは”原の小屋”。

昨夏にもお世話になった山小屋です。

Imgp7306

午後4時過ぎに到着。

当初は”山の鼻”の山小屋(3軒あり)に泊まろうと思いましたが、どこも満杯で予約が取れませんでした。”山の鼻”泊で、翌日は至仏山に登ろうと計画していたのです。

仕方なく、見晴に宿泊することになりましたが、結果的には良かったかもしれません。

台風19号の接近で、登山は厳しいですからね...

チェックインし、風呂で汗を流した後、夕食までのひとときに少し付近を歩いてみました。

Imgp7313

印象深い夕暮れの空を見ることができました。

夕食は午後5時半から。

Imgp7334

Imgp7324

とても、美味しいんです。素材にこだわっているみたいですね。

食堂には他の宿泊客も集まり、ワイワイガヤガヤと賑やかでした。

子供連れの家族がたくさんいて驚きました。

消灯は午後8:45ですが、8時頃には寝入ってしまいました。

翌10/13、午前5時前に目が覚めました。

午前5時半、取りあえず朝の散歩に出かけてみることに。

Imgp7338

雲が多くて空が低い、早朝の湿原です。朝日は差し込んできません。

夏のように朝靄が立ち込めていることもなく、素っ気ない光景です。

まあ、天気予報通り、仕方ありませんね。

朝食は午前6:15から。

Imgp7341

Imgp7348

Imgp7351

素朴な内容の朝食ですが、何故か美味しくてご飯が進みます。

夕飯もそうでしたが、ご飯とみそ汁がとにかく美味しい!

きっと水でしょう。

Imgp7354

珈琲を注文しました。

我が家が飲んでいるのを見て、隣の家族も注文していましたよ。

Imgp7320

廊下に宣伝してあった、雪解け水で淹れた珈琲。まろやかな口当たりでした。

午前7時過ぎ、お世話になった山小屋を後にして、”山の鼻”目指して歩き始めます。

Imgp7366

Imgp7367

Imgp7368

前日の快晴とは打って変わって、曇り空。

寒々しい光景、秋も終わりという感じですね。

Imgp7373

Imgp7374

雨がポツポツと落ちてきたので、雨具を着用しました。

まだこの頃は降ったり止んだりでしたが、この後天気が崩れてくると思うので急いで歩きます。

Imgp7410

Imgp7416

Imgp7418

Imgp7436

こんな天候でしたが、これはこれで味わい深い風景です。

イワナ、サンショウウオ、カモ、小鳥などが目に入るたびに足を止めて、しばし観察しながら歩きました。

午前9時過ぎ、”山の鼻”に到着。

この先の鳩待峠への上りに向けて、”山の鼻小屋”で力を蓄えます。

Imgp7443

Imgp7441

Imgp7438

甘味でエネルギーを注入。

ここから1時間強、最後の一歩きです。

”山の鼻”を出ると、じきに雨は本降りになりました。

Imgp7444

午前10:25、鳩待峠に到着。

台風が当初の予報よりも遅れたので、雨には降られましたが難なく戻ってくることが出来ました。

ちなみに、今週末で山小屋は営業を終えるそうです。もう冬支度なんですね。

Imgp7446

台風の接近のため、高速道路は混雑なく、順調に帰宅できました。

尾瀬は日帰りでも楽しめますが、山小屋泊だとよりいっそう楽しめるような気がします。

途中で泊まれば、コースの選択がぐっと広がりますからね。

湿原を歩き通すも良し、尾瀬沼に抜けるも良し、登山を絡めても良し。

ああ、また行きくなってきましたよ...

« 晩秋の尾瀬(1) | トップページ | 岩手山 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは

5枚目の写真が家族写真になっていて、いいアイデアですね。

尾瀬、いいですね。
今年の夏に行ったときは、良かったのですが、
10時過ぎに行き、しかも日帰りだったので、
物足りなさを感じました。

今度は、泊りで、登山絡めて行ってみたいと思っています。

tonoさん、こんばんは、

そうか、影が入って全員写真になっていたとは、気づきませんでした...

尾瀬は何度言っても良いですね。飽きません。

至仏山、まだ登ったことありません。是非僕よりも先に登頂してください。レポート待ってます。

この秋に尾瀬に行こうと思いつつ、3連休も天気予報がイマイチだったりして止めたんですが、行けば良かったなあ。
近くの川までは良く行くのに、いまだに尾瀬を歩いたことがありません。

えふ さん、

尾瀬は近いし良い所ですね。

日帰りでも、山小屋泊でも、いろいろと楽しめますね。麓に泊まれば、釣りも絡められるんじゃないでしょうか。泊まらなくても帰りにイブなら可ですかね。

来年は、是非歩いてみてくださいな。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の尾瀬(2):

« 晩秋の尾瀬(1) | トップページ | 岩手山 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック