« 食欲の秋 | トップページ | 大師茶屋 »

2014年10月27日 (月)

日本酒や

2014.10.27

Rimg2107

日本酒の店。

今宵はN氏とその同僚A氏とで、吉祥寺にある”日本酒や”に出向きました。

名称からして、飲み過ぎ要注意という感じの店ですね。

取りあえず、久しぶりの再会を祝ってハートランドビールで乾杯した後に、本命の日本酒をオーダーしました。

Rimg2110

この店の日本酒リスト、聞いたことある銘柄は一つもありません。

リストには酒米の銘柄まで記されています。

よく分からないので、注文する度に店員さんに特徴を訪ねましたが、どの店員さんも日本酒に対する知識が豊富で感心しました。

Rimg2117

山形の”別嬪”。

酒米には”つや姫”を使用し、精米歩合50。

Rimg2119

刺身の盛り合わせですが、熟成させているそうです。

カツオにはカラシを付けて食べましたが、なかなか合いますね。

西日本では、わさびの代わりにカラシで刺身を食べることも珍しくないそうです。

Rimg2123

お次は、”酉与右衛門(よえもん)”。岩手県花巻のお酒だそうです。

アボガドの味噌漬けと共に。

Rimg2129

正式な名称は忘れましたが、鶏のレバーだったと思います。

それに合うお酒と言うことで、

Rimg2133

奈良県の”風の森”。

Rimg2141

Rimg2151

リストに載っていなかった”舞美人”に、島根の”十字旭”

ラストの〆は、

Rimg2157

再び”酉与右衛門”でお開きとしました。

一人頭二合として、3人で計六合。

午後6時に飲み始めて、8時半過ぎに解散。

飲み過ぎに注意しての、予め酒量を設定しての大人飲み。

この店、かなり気に入ってしまいました。また行きたいと思います。

Rimg2160

やっぱ吉祥寺は良いですね。

« 食欲の秋 | トップページ | 大師茶屋 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本酒や:

« 食欲の秋 | トップページ | 大師茶屋 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック