« カワセミ | トップページ | 光量と感度 »

2015年1月24日 (土)

三脚 & 雲台

2015.1.24

Imgp3155

足回りを固めました。

先日三脚と雲台を購入しました。

さて、三脚選びと言っても、ほとんど知識がないので結構な時間を要しました。

この際せっかくなので、徹底的にブレを抑えたい、ということでセンターのエレベーターは省きました。

Imgp3159

三脚はジッツォの”システマティック”。

このシリーズ、足の太さで2~5型まであります。

3、4、5で迷いました。

3型にしても重量があるので、搬送にはどうせ車が必要です。しかも、値段がそんなに大きく変わらないんですよね。

思い切って5型にしました。

Imgp3161

次は3段にするか、4段にするかでかなり迷いました。段数が少ない方が安定する気がしますよね。でも、実際どうなんでしょう?

ジッツォの三脚には”オーシャン”というシリーズがあります。防食性と耐塵性を高め、過酷な使用状況に適応させたモデルのようですが、”システマティック”の5型ベースの場合、3段ではなくて4段のモデルが採用されています。

ストイックを極めた”オーシャン”が4段なら問題ないだろう、と勝手に解釈して4段を選びました。

Imgp3164

雲台はマンフロットを選択。ビデオ雲台”MVH502A”。

ザハトラーが素晴らしいみたいですが、半端ない価格。”大砲”を載せるわけではないので、雲台は安いもので十分かなぁ、と思いました。

雲台を個別に買うのなんて初めてでしたから、最初はマンフロットだって高く感じました。しかし、ザハトラーのことを知ってからは、非常にリーズナブルな値段だと思うようになりました。それほど値段差があるんです。載せるレンズより雲台がうんと高くなるってのは、どうしても受け入れることができませんから。

Imgp3157

ジッツォとの組み合わせもバッチリ。

先週末(1/18)のカワセミ撮影でボーグ71FLを載せて使ってみました。

Imgp29642

長いこと使っていたベルボンとは安定感がまるで違います。

正直、三脚でこんなに満足感が満たされるなんて思ってもいませんでした。

実は、三脚の購入は今回が最後になるだろう、なんて思ってジッツォを選びました。やはり評判通りジッツォは良い...

これじゃあそのうち、携帯に適した”トラベラー”あたりも買いたくなっちゃうよなぁ...、という危ない考えが頭の中をよぎります。

まあ、しばらくは今回の三脚で幸せになりそうです。

« カワセミ | トップページ | 光量と感度 »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

足回りですか・・・、
フェルトのウェーディングシューズを
新調しないといけないなぁ。

おじさん、こんばんは。

釣り、スポーツ、車に限らず、写真でも足回りは大事なんですね。

僕も先日シューズを見てきました。3年履いていよいよすり切れてきました。

年が明けると、いよいよって感じになって来ます。

買われましたね。
私も三脚と雲台を買い替えました。
やはり、足回りがしっかりすると全然違いますよね。
今度また、ご一緒にどこかへ行きましょう。

tonoさん、こんばんは、

tonoさんの真似してジッツォにしました。やはり重いですね。

もう少し使い慣れて来たら、またお付き合いください。

どうも。
ジッツォとかザハトラー
ググってみて値段にびっくり
G2買える値段ですね
まあ、G2も高杉ですが、三脚と雲台ってそんなにするものだとは思いませんでした~

えふ さん、こんにちは、

確かに高いですよね。今までは高い三脚なんて必要ないと思っていましたが、突き詰めるとやはり性能差が出るようですね。

まあ、釣りもそうですが、高い道具を手にしても、真価を発揮できるかどうか...
宝の持ち腐れにならないように腕を磨きたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三脚 & 雲台:

« カワセミ | トップページ | 光量と感度 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック