« 蕎麦 みわ | トップページ | フレーム : 塗装前まで完了 »

2015年3月22日 (日)

江戸東京たてもの園

2015.3.21

Imgp8958

桜近しかな?

春分の日の午前中。

空はあいにくの曇り模様。しかし、特に寒いわけでもなく、穏やかな春の曇り空という感じの天候でした。

ジブリ展が終わったこともあってか、園内は閑散としていました。

”春のお茶会”というイベントに参加したいというので、そのお供です。

実はこの茶会、先週訪れた際に知りました。

会場は三井八郎右衛門邸。1回50分、計5回で、各回定員10名という概要です。ちなみに参加費は300円。

各回10名ってのは、狭き門ですよね。家族4人、まあ僕はどうでも良いから3名としても。

で、希望の時間枠が既に埋まってしまっていたようで、諦めることにしたそうです。

昼食を早めに食べて帰ろう、ということになりましたが、せっかくなので撮影です。

Imgp8964

和傘問屋の”川野商店”の廊下。

黒光りする床板が良いですね。チリ一つ見当たらないし、建物の管理も大変だと思います。

Imgp8952

この”川野商店”の庭から眺めた座敷だったですかね、確か。

Imgp8968

こちらは”鍵屋”という居酒屋のカウンターからの眺めです。

こういう味のある空間で一杯やってみたいもんです。

あ、何年か前の夏祭りの夜、ここが本当に居酒屋として営業していましたね。

Imgp8961

こちらは”小寺醤油店”の床に積まれていたビール瓶。

キリンとアサヒ、左のケースにはサッポロ、メーカーがゴチャマゼですね。欲を言えば、キリンのケースにはキリン、でこだわって欲しかったです。

いずれにしても、木製のケースがとても味わい深く感じます。

Imgp8947

おなじみ”高橋是清邸”のガラス窓。

目の前には立派な日本庭園が広がっています。

Imgp8971

”仕立て屋”。

300mmの望遠で距離を置いて写してみました。手前の柳をボカして、なんてイメージしてみましたが、大したことない絵にしかなりませんでしたね。

そして毎度のうどん屋に入ります。

Imgp8977

”限定”の湯葉うどん。

う~ん、スタンダードな冷たい武蔵野うどんにすべきでした。

卵と湯葉が入っていて、ちっとも辛くありません。僕的にはちょっと味が薄いくらい。

汁を全て飲み干してしまい、取りあえずお腹は膨らみました。

Imgp8980_2

ちなみに梅園も覗いてみましたが、先週に比べてかなり淋しい感じ...

もう、梅の見頃は過ぎてしまったようです。

Imgp8934

先週は満開という感じだったのに、早いものですね。

地面にはたくさんの花びらが散りばめられていました。

Imgp8984

その代わり、ソメイヨシノのつぼみが膨らんできていましたよ。

Imgp8990

もうじき、今度は桜で忙しくなるかな?

« 蕎麦 みわ | トップページ | フレーム : 塗装前まで完了 »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 江戸東京たてもの園:

« 蕎麦 みわ | トップページ | フレーム : 塗装前まで完了 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック