« 桜とヒヨドリ | トップページ | 富岡製糸工場 »

2015年4月 3日 (金)

貝掛温泉

2015.4.2 ~ 4.3

Imgp9876

目に良いそうです。

新潟県にある貝掛温泉に入ってきました。

4/2午後2時に自宅を出発、午後4:30頃宿に到着しました。

この温泉、何でも目に良いそうですよ。

Imgp9949

宿のHPによると、ホウ酸を含んでいて、昭和初期まで「貝掛の目薬」が生産、販売されていたとか。

カメラのファインダー、PCでの画像の整理、そして仕事などでの酷使による、日頃の目の疲れが楽になることを期待しましょう。

正面玄関から入ると、広いロビーが現れます。

Imgp9844

まず、炭の匂いが鼻につきました。

匂いの元はこちら。

Imgp9888

夕食で出されるイワナが炙られていました。

そして、足元には米俵。

Imgp9865

魚沼産コシヒカリ。

農家直送だそうです。販売もされていました。

更に、

Imgp9885

各種地酒。こりゃ夕飯が楽しみですな。

玄関棟は築15年だそうですが、そこから宿泊部屋のある本棟に向かって廊下を進みます。

Imgp9836

階段を上がって本棟2階にある、”明治時代の部屋”に泊まりました。

HPによれば、本棟は明治2年築だそうです。

2部屋限定の”明治時代の部屋”ですが、トイレと洗面所が部屋に備え付けでないこともあり、料金は少し安いのです。滞在して感じましたが、扉が薄いし、廊下を歩く音も響くので、それもあるのでしょうね。ただ、オフシーズンの平日なので、近くに他の宿泊客がいなかったので、周囲を気にする必要もなく静かに過ごせました。

Imgp9874

二間続きで、意外に広々していました。

まずはひと風呂浴びて、しばしまったりしました。

夕食は食堂で午後6時から。

Imgp9897

Imgp9909

ロビーで焼かれていたイワナ塩焼き。

じっくり時間をかけて焼いたので、頭の先から尾まで全て食べることができる、という宿の人の話を信じて、串を手に持ってかぶりつきました。背骨も頭も難なく食べることができました。このように食べたのは初めてのことです。

塩焼きというと、塩がべたっと付いていて塩辛い印象が強かったのですが、この塩焼きはごく少量のみ。全然しょっぱくなくて、ご飯を頬張る必要もありませんでした。

Imgp9906

Imgp9916

チェックインの時に宿の人がとても勧めてきたので、イワナの刺身、山菜天ぷら(各々1500円)を別注しました。

イワナは食事の時間に合わせて生簀から取り出して調理するそうです。僕の口に入ったのは一切れのみ。美味しかったという以外に感想はありません。なんせ一切れですから。

山菜は、周辺でようやく穫れはじめたものだそうです。こちらは数口食べることができたかな。

まあ、特別な飲み物頼んだので、肩身が狭いってのもあります。

まずは生ビールのジョッキ一杯で喉を潤し、お次は地酒。

久保田、八海山、上善如水...

Imgp9925

最近はこれ、”鶴齢”。

鶴齢の利き酒セット(1300円)。向かって左から、本醸造、大吟醸、純米大吟醸。

何でも貝掛温泉と鶴齢の蔵元である青木酒造のつながりは深いらしく、11月下旬の期間限定ですが、酒蔵見学ツアーがあるそうです。通常は立ち入り禁止らしく、特別な計らいのようです。

当然ですが、左から右に向かうにつれて、軽やか、爽やかになり、口当たりが良くなっていきます。好みは、真ん中の大吟醸かな。

お酒はここまでで止めときました。

料理はどれも日本酒に合う品々で、とても美味しく頂けました。

量の方も、重たい料理がなくて、ちょうど良い具合にお腹が満たされました。

Imgp9962

朝食はこんな具合です。

Imgp9976

写真で見ても、ただのご飯にしか見えませんが、これが魚沼産コシヒカリです。

前夜の夕食でもたくさん食べましたが、朝も3杯食べてしまいました。

漬物だけで、バクバクいけます。まあ、さすがに朝から3杯はうんざりしましたけどね。

今日(4/3)は天気予報と違って、朝のうちは晴れ間が見えました。

朝食前に宿の周囲をちょっと歩いてみました。

Imgp9954

Imgp9957

まだ雪がたくさん残っていました。

でも気温は低くなくて、ポカポカ陽気でした。

さて、最後に温泉です。

Imgp9938

Imgp9947

露天に内風呂。

男女別で、午後7時半に入れ替えでした。

源泉の温度は37℃だそうで、温めの湯船と加温した熱めの湯がありました。

温めに長めに浸かり、最後に熱めの湯で温まるという入り方を繰り返しました。

ちゃんと、温めの湯で目も洗いましたよ。

Imgp9958

なかなか良い温泉宿でした。

次回は登山を絡めて、平標山とか、巻機山に登った後に泊まってみたいかな。

(掲載写真が20枚にもなってしまい、長々とすみませんでした)

« 桜とヒヨドリ | トップページ | 富岡製糸工場 »

温泉」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 貝掛温泉:

« 桜とヒヨドリ | トップページ | 富岡製糸工場 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック