« 貝掛温泉 | トップページ | 八国山 »

2015年4月 4日 (土)

富岡製糸工場

2015.4.3

Imgp0060

春の家族旅行の続き。

買掛温泉を午前10時過ぎに出発し、国道17号を群馬方面に走ります。

途中苗場を通過し、三国トンネルを抜け、群馬県に入りました。月夜野ICで関越自動車道に乗りましたが、昼に水沢うどんを食べるために、わざわざ渋川伊香保ICで高速をおりました。

入った店は”田丸屋”。

Imgp0005_2

Imgp9997

店内に足を踏み入れた途端、思い出しました。この店、かれこれ10年くらい前に入ったこがとありました。偶然です。

外観は普通っぽいのに、何気に派手目な店内。

結構インパクトありましたから、記憶が蘇りました。

Imgp9993

日本三大うどんの一つ、水沢うどん。

腰があって、表面はツルツル、美味しかったですよ。

三大であっても、そうでなくても、うどんは基本うどん。ま、わざわざ寄らなくても良かったですかな。

お腹を満たした後は、再び関越自動車道に戻ります。藤岡JCTで上信越道に入り、2つ目の冨岡ICで高速をおりました。

いよいよこの日のメイン、昨年登録されたばかりの世界遺産、冨岡製糸工場を見学です。

駐車場から、製糸工場に歩いて向かう道中、何気に味わい深い街並みが目に入ります。

Imgp0012_2

Imgp0013

昭和っぽいですね。

で、ようやく冨岡製糸工場にやってきました。

Imgp0016

午後2時を回っていて、予想していたよりも混み具合は激しくありませんでした。

入り口を入って正面が、”東繭置倉庫”になります。

Imgp0027

Imgp0032

近づくと、かなり大きいです。

Imgp0021

木の柱に煉瓦の壁、和洋折衷の「木骨煉瓦造」だそうです。

煉瓦の工法は「フランス積み」。

Imgp0033_2

Imgp0034_2

明治5年建造。

大事な繭の保管場所なので、当然”火元用心”、”禁煙”です。

続いて「繰糸場」の建物を見学。

Imgp0036

内部に入ってみます。

Imgp0041

Imgp0049

内部には柱がなく、広大な空間が広がっています。

ここで300名が作業をしていたそうですよ。

1987年まで実際に工場が稼働していたそうで、その時の機械が残されていました。

Imgp0046

場内のTVで流されていた解説のVTRを見て、繭からどうやって生糸の作られるかを初めて知りました。

ちなみに現存している機械は日産製だそうです。

次は「ブリュナ館」

Imgp0055

Imgp0056

フランス人指導者、ポール・ブリュナが暮らした建物だとか。

高温多湿の日本でも快適に過ごせるように、高床式で風通しが良いそうです。

最後は「西繭倉庫」です。

Imgp0071

”東”と同じ作りみたいですが、こちらは中に入れないし、ロープが張ってあって近くにも寄れなくなっていました。そのせいでしょう、人はまばらでした。

場内の桜は満開で、この週末は花見関連のイベントも企画されているそうです。

曇り空で残念でしたが、心配していた雨には打たれず済みました。

見学後は、食べ物をつまんだり、店に立ち寄りながら駐車場に向かいました。

Imgp0079

Imgp0078

Imgp0086

Imgp0087

世界遺産ということで、情報番組や旅番組で取り上げられることも多いようで、芸能人の写真や色紙が目立ちました。

また、昔の古い倉庫を利用した地域のスーパーマーケットなど、良い雰囲気でした。

Imgp0091_2

当初想定していたよりも楽しい旅となりました。

機会があれば、同じ群馬県内の桐生の煉瓦倉庫も訪れてみたくなりました。

« 貝掛温泉 | トップページ | 八国山 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富岡製糸工場:

« 貝掛温泉 | トップページ | 八国山 »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック