« プロトレック | トップページ | 安曇野 »

2015年8月 3日 (月)

八方池

2015.8.1

Imgp9240

雲上の眺望。

今回の旅行、まずは八方尾根トレッキングから。

午前3時に自宅を出発。

途中のコンビニで朝食を調達し、黒菱平(標高1500m)の駐車場を目指します。

駐車スペース(無料)は約200台なので、ちょっと焦りましたが、まだ大丈夫でした。

ここに停められれば、上までリフト2本で行けます。下からだと3本乗り継ぐ必要があります。大きな違いは料金。

下から(アルペンライン)だと大人往復2900円、黒菱平から(黒菱ライン)だと大人往復1120円、この差、結構大きいですよね。

低料金のコースを利用することができ、取りあえず気分良くリフトに乗車できました。

Imgp9151

リフトから下りると、そこは標高1830m。”八方池山荘”があります。

今日も快晴、さあ、出発です。

Imgp9152

このコース、とにかく眺めが良いんですよね。

Imgp9195

Imgp9200

晴れてはいたものの、雲も多くて余計に高所にいる感じを味わえました。

山々が雲で隠れていても、少し待てば風で流されて、目の前に北アルプスの山々が姿を現します。

Imgp9214

石神井ケルン(1974m)、第2ケルン(2005m、上の写真)、八方ケルン(2035m)を越えます。

Imgp9231

目的地の八方池が見えて来ました。

コース最高所の八方ケルン(2080m)まで上がりました。

Imgp9248

標高差250mのお気軽トレッキングと思っていましたが、結構バテテしまいました。

午前2時前から起きていますからね、寝不足です。山をなめてはいけませんね。

ここで一休憩しつつ写真を撮りました。

この位置、この角度だと、湖面に山が写りこみませんね。

風は涼しいけど、日差しが強く、ゆっくり休んでいられず、”八方池”まで少し下がります。

Imgp9263

定番の写真ですね。

晴れていて風が止めば、誰にでも残すことが出来るでしょう。

この先の登山道は唐松岳(2696m)まで続きますが、当然ここで引き返しました。

これまで山容の写真ばかりでしたが、高山植物や雪渓?(残雪)も綺麗でしたよ。

Imgp9304

Imgp9311

Imgp9288

大パノラマを気軽に満喫できる、とても良いトレッキングコースでした。

昼食は絶対に蕎麦を食べることに決めていました。

この辺り、やはり蕎麦屋がたくさんありますね。

Imgp9315

Imgp9321

”利根川蕎麦店”

白馬より少し南に下りた飯森という場所にあります。

混んでいて順番待ちしましたが、待った甲斐あって美味しかったですよ。

絶景で心を満たされ、喉越しの良い蕎麦で小腹を満たした後、酷暑の安曇野に向かいました。

それにしても、今年の夏は暑いですね。

« プロトレック | トップページ | 安曇野 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
絶景ですね~

昨年、もう少し北の白馬大池に行きましたが、
そこの景色もよかったです。

ちなみに、このコースは手を使わなくては登れないのでしょうか?
使わなくてもよければ、今年行ってみようかと。

使うのであれば来年にでも。

tonoさん、こんにちは、

白馬大池には行ったことありませんが、いつか撮影したいスポットです。

今回の八方池のルートは、ストックを持つ以外は手を使う必要ないと思います。是非、今年訪れてみてください。

涼しくて、景色も良いので、リハビリ・トレッキング(=”リハトレ”)に最適だと思います。

リフト乗車中に景色を眺めながら、手のリハビリが余裕でできると思いますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八方池:

« プロトレック | トップページ | 安曇野 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック