« 尾瀬の草紅葉 | トップページ | 閉幕 »

2015年9月27日 (日)

至仏山

2015.9.23

Imgp0822

秋の尾瀬、2日目です。

初日はアヤメ平~尾瀬ヶ原を巡り、山の鼻にある”尾瀬ロッジ”に宿泊。

この日は、早朝の湿原散歩からスタートしました。

Imgp0626

この時間から歩いている人もチラホラいましたが、同じように山小屋泊(もしくはキャンプ)で朝の散歩か、早朝チェックアウトの人なのでしょう。

静寂の世界といった感じ。

Imgp0630

Imgp0640

実は、もっとたくさんの朝モヤに包まれた幻想的な風景を思い描いていたのですが、思ったよりアッサリして、ちょっと期待外れでした。季節的なものもあるのでしょうかねえ。

Imgp0645

Imgp0643

燧ケ岳方面から段々と太陽が昇ってきて、至仏山を照らし始めました。

この日の目的はあの頂きに立つこと。

山小屋に戻って、朝食(6時から)を食べ、いざ出発しました。

Imgp0658

ここで、いつもだったら右に向かうところですが、今回は左です。

Imgp0659

写真だと小さくて分かりにくいですが、湿原には青紫色のエゾリンドウがチラホラ咲いていました。

Imgp0667

Imgp0668

Imgp0670

湿原はすぐに終わり、登山道に入ります。

しばらく樹林帯をテクテク登り、やがて森林限界を越えます。木々の色付きが綺麗でした。

Imgp0673

この辺りから、振り向けば尾瀬ヶ原と燧ケ岳が見渡せるようになりました。

Imgp0691

当然ですが、登っていくに従って遠くなっていきます。

燧ケ岳方面は雲がかかってしまっていましたが、横を見るとは綺麗な青空が広がっていました。

Imgp0727

秋らしい雲、いいですね。

Imgp0741

周囲の山々も良く見渡せて、結構いい眺めです。

Imgp0745

Imgp0746

Imgp0747

山頂に近づくと木の階段が多くなりましたが、結構傾斜がきつかったです。

Imgp0754

向かって左側の頂(写真では右)は小至仏山。

至仏山から鳩待峠に至るルート上にあります。

Imgp0778

そして、山頂に到着。

ふーふーふ、やっと(2-2-2-8)着いたよ至仏山

標高は2228mになります。

Imgp0766

似たような写真ばかりですが、山頂から見下ろした尾瀬ヶ原と燧ケ岳になります。

午前10時半頃だったと思います。

しばし休憩し、少し早いけど昼食を食べました。

11時頃、下山開始。

一旦下って、小至仏山に登り、鳩待峠に向かいます。

Imgp0791

途中からの眺め。

左は至仏山、右が燧ケ岳のツーショット。

Imgp0798

こうして見ると、至仏山が蛇紋岩の山であることが良く分かります。

確かにこの山肌は、早池峰山に似ているような気がします。

ちなみに、この蛇紋岩はツルツルよく滑ります。

Imgp0804

下山と言っても、目の前にある小至仏山にまた登らないといけないんですよね。

中央手前右側の山は笠ヶ岳だそうです。

Imgp0825

そして、小至仏山に着きました。

”小”なんて付いてますが、標高は2162mもあり、十分立派です。

ここからは下るのみになるので、楽ですよ。

Imgp0830

小至仏山頂付近から前方にオヤマ沢田代を見下ろします。

この小規模な湿原を過ぎると、登山道は樹林帯に入りました。

Imgp0832

そして鳩待峠に到着。

Imgp0834

時刻は午後1時過ぎ。

今回の尾瀬も良かったです。

季節によってももちろん違うし、いろいろなルートを選べるので飽きません。

広大な尾瀬、まだまだ歩いていない箇所がたくさんあります。

百名山がもう一つ控えていますしね。

来年は、久しぶりに初夏に訪れてみたいと思いました。

« 尾瀬の草紅葉 | トップページ | 閉幕 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 至仏山:

« 尾瀬の草紅葉 | トップページ | 閉幕 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック