« 梅とメジロ | トップページ | フィルムカメラ »

2016年2月11日 (木)

メジロの撮影

2016.2.11

Imgp5760

今朝も撮れました。

前回の梅園に再び足を運びました。

今朝見かけたメジロは、この一羽だけ。しかも撮影終了間際、約15分前になってようやく現れました。

Imgp5791

Imgp5837

Imgp5956

Imgp5767

レンズは前回同様、DA★300mmF4を使用。

最近は1.4×リアコンは付けずに、トリミングで対処します。

テレコンが入ると、画質のキレが低下(PCで拡大鑑賞した場合)するのと、AFの効きが悪くなるような気がするので、使わなくなってしまいました。

梅園でメジロを狙う場合、以下をユーザーモード2(U2)に設定。(ボーグは3に設定)

ISOはAUTU(100-800)ですが、明るいのでISO値は大体低くされるようですね。掲載写真はいずれも100か200。ISO400以上に設定し直しても良いと思いました。

プログラムモード(P)ですが、SS、絞りはいずれの写真も1/500sec、F4。このレンズは絞り開放からキレキレなので、十分使えます。(ちなみに少し絞ってF5.6にすると、更に良くなるようです)

露出補正はなし。梅園のメジロの場合、背景が青空だったり、白い梅の花がたくさん入っていて明るいためか、露出過多になることもないような気がします。

AFモードは、気分によってAF-SとAF-Cを選択。今朝はAF-C、エリア選択は中央。Sに比べると、連射がもたつく時がありますね。どちらも一長一短ありですね。使ったことありませんが、他社製カメラのAFはきっと素晴らしいことでしょう。

連射モードはもちろん高速連射(Hi)、記録はRAW。

梅の花を吸うメジロは、夢中になってライズしている渓魚みたいなもの。人慣れもしているのでしょうが、結構な至近距離でも逃げません。問題は枝かぶり、花かぶりと、落ち着きない動きです。近いので羽毛の一本一本まできちんと見えますし、トリミングも気持ち程度で済みます。

Imgp5768

まだしばらく楽しめそうです。

« 梅とメジロ | トップページ | フィルムカメラ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: メジロの撮影:

« 梅とメジロ | トップページ | フィルムカメラ »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック