« メジロの撮影 | トップページ | メジロのつがい »

2016年2月14日 (日)

フィルムカメラ

2016.2.14

Imgp3868

フィルムを巻き上げる心地良い感触。

昨年購入したモノクロのフィルム、最近になってようやく使い始めました。

フィルムを手にし、早速撮ろうと意気込んでいたのですが、いざ使おうとしたら、カメラの電池が切れていました。出鼻をくじかれた感じです。まあ、単にボタン電池を買いに行けば解決ですが...

電池を入れました。何も問題なく露出計は動きました。

さて何を撮るか?、ここから約2ヶ月が経過。

デジタル時代にあえて使うフィルムです。何かテーマを決めないといけませんね。

スナップ?、デジカメ感覚で街角に繰り出したら、1本36枚、恐らくあっという間に使い切ってしまいそうです。

ありがちですが、家族の日常の姿を、気が向いた時にフィルムに刻んでみることにしました。

現在まだ5カット。非常におっかなビックリし使っています。

昔は何も気にせずに手持ちで気軽にシャッター切っていたのに...

もちろん、今見るとボツ写真ばかりですがね。

フィルムはラチチュードが広いし、今回はネガなので後で調整も効くでしょう。なので、露出には神経使わなくて良いと思います。しかし、PCの等倍チェックの習慣から、ブレには非常に敏感になってしまいました。

ISO上げて、いやダメダメ...、手振れ補正は...、なし。なので三脚を使用。ちょっと慎重すぎますね。

こんな感じなので、一枚一枚、とてももったいぶって使っています。

Imgp3897

今日はせっかくの日曜ですが、低気圧の通過で生憎の空模様。

することもないので、MFカメラをいじくりながら、セルフポートレートでも撮ってみました。

Imgp3881

もちろんこちらはデジカメでの撮影。デジイチのK7に、あえて50mmF1.2のMFレンズを装着し、MFのひと手間を楽しみました。

そして、瞬時に撮影画像がモニターに表示されました。

やはり、デジタルは安心、便利ですね。

« メジロの撮影 | トップページ | メジロのつがい »

カメラ・写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィルムカメラ:

« メジロの撮影 | トップページ | メジロのつがい »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック