« 越後妻有 棚田巡り (その2) | トップページ | 越後妻有 棚田巡り (その3) »

2016年6月12日 (日)

国立天文台

2016.6.12
Imgp1745_2
身近なレトロ&クールなスポット
梅雨の晴れ間の日曜日、中途半端な時間しか取れないので、近場で済ませました。
やってきたのは、”国立天文台 三鷹キャンパス”
 
Imgp1739_2
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
まず向かったのは、”第一赤道儀室”
敷地内で一番古い建物で、建設は1921年だそうです。
 
Imgp1742_2
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1751_2
(smcPENTAX-FA 77mmF1.8 Limited)
 
Imgp1750_2
(smcPENTAX-FA 77mmF1.8 Limited)
 
主望遠鏡は1927年カールツァイス社製、レンズ口径20cm、焦点距離359cm、太陽写真儀が1909年シュタインハイル社製、レンズ口径10.5cm、焦点距離150cm、だそうです。
説明を見ても良く分かりませんが、当時の光学技術はドイツが最先端だったのでしょうか。
太陽の黒点観測の実演がされていました。解説員の方から詳しい説明を受け、少し理解が深まりました。
続いては、”大赤道儀室”
 
Imgp1758
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1763
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
カールツァイス社製、65cm屈曲望遠鏡
 
1998年3月で、研究観測から引退しましたが、屈曲望遠鏡としては日本最大の口径を誇るそうです。現在、この大赤道儀室は、天文台歴史館となり、ドーム内には様々なパネルが展示されていました。
 
見学施設はまだまだあり、天文学の最先端の解説/展示もたくさんありましたが、今日は時間がないので、後はブラッと歩いて帰りました。
入場無料で、何より近いので、来たくなったらすぐに来れるので、粘る必要ありません。
でも、今度は涼しくなってからにしたいと思います。
Imgp1771
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1776
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1779
(smcPENTAX-FA 77mmF1.8 Limited)
 
Imgp1777
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1775
(smcPENTAX-FA 31mmF1.8AL Limited)
 
Imgp1778
(smcPENTAX-FA 77mmF1.8 Limited)
 
今日はK-1に31mmと77mmのFAリミを持ち出しました。
 
ウエストポーチにレンズ1本を入れての身軽なスタイルで臨みましたが、日差しが強く、先週の”たてもの園”での使用感に比べると随分重く感じました。
持ち渋り感は、その時の気分、体調、天候が影響するようですが、まあ単純に”疲れていた”ということでしょうかね。

« 越後妻有 棚田巡り (その2) | トップページ | 越後妻有 棚田巡り (その3) »

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 国立天文台:

« 越後妻有 棚田巡り (その2) | トップページ | 越後妻有 棚田巡り (その3) »

フォト
2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

最近のトラックバック