« 山行計画 と カメラ | トップページ | 尾瀬 »

2016年9月25日 (日)

会津駒ヶ岳

2016.9.25

Imgp2789

草紅葉が見頃です。

今日は予定通り、会津駒ヶ岳に行ってきました。

深夜0時過ぎに自宅を出発し、駒ヶ岳登山口の駐車場に午前4時前に到着。

到着時は真っ暗で、星が沢山、天の川も良く見えました。

Imgp2717

こんな暗闇の中でも、ヘッドライトを点灯させて登り始めているグループもありました。

まあ、少し明るくなるまで仮眠、と思っても眠れませんね。

準備をして5:05分に歩き始めました。

登り始めは林間の登山道をひたすら歩いて、高度を上げます。

Imgp2726

ようやく、駒ヶ岳につながる稜線が姿を現しました。

天気も良くてついています。

Imgp2739

振り返ると、遠くに雲海が見えました。

やっと稜線が見えたんで喜んで何枚も撮影しましたが、少しすると湿原が現れました。

Imgp2757

こういう景色が現れると体が軽くなりますね。

Imgp2763

この先、見晴しの良い場所からは、燧ケ岳が良く見えました。

Imgp2772

池塘と名峰、いい眺めですね。

Imgp2769

もう一息登れば、最初のポイント地点である”駒の池”に到着します。

朝早いので、歩いている人はまだ少なかったです。

Imgp2797

ここには、”駒の小屋”という素泊まり利用の可愛らしい山小屋があります。

ここで、駒ヶ岳と中門岳の山バッジを購入しました。

Imgp2795

池の畔を歩く登山者を写してみました。

本当は可愛い山ガールが来るのを待っていたのですが、来ませんね。女性ハイカーもごく少数見かけましたが、まだ早い時間帯なので可愛らしい人は皆無でしたね。

ちなみに、ここまで約2時間で上がって来れました。

ここから駒ヶ岳山頂に一気に登ります。

Imgp2805

途中振り返ると、駒の小屋、燧ケ岳、そして写真では小さくてよく分かりませんが富士山も見えました。

Imgp2808

そして山頂へ。

午前7時半頃だったと思います。思ったより早く登頂することができました。

ここから隣の中門岳へ続く稜線を往復しますが、湿原の草紅葉に池塘、そして周辺の名峰を見渡せる絶景コースとなります。

Imgp2818

ここからはスローペースというか、コースタイムとほぼ一致。

写真撮りまくりということもありますが、それよりも、年季が入っている木道が濡れていて、こげ茶に黒光りして、ツルツルなのです。

滑ると分かっていても滑ってしまい、3回もシリモチついてしまいました。

Imgp2828

Imgp2843

Imgp2854

Imgp2861

池塘好きには、たまらないコースですね。

思い切って、重いフルサイズ一眼レフをを持ってきて良かったです。

Imgp2887

そして、中門岳に到着。

木道はこの少し先まで続いていて、大きな池を一周するような形でループを作って終了しました。

短い区間でしたが、この先も絶景が続きましたよ。

Imgp2897

Imgp2892

Imgp2903

Imgp2920

後は来た道を引き返します。

Imgp2931

復路は駒ヶ岳山頂はパスして側道を巻きました。

「日本百名山」で深田久弥は、会津駒ヶ岳の”駒”の由来について、残雪の一部が駒の形になるのではなく、「残雪の山全体を駒の走る勢いに見た」と推察しています。実際に登頂した際に「会津駒を天馬の疾駆するさまに見た」んだとか。

なるほど、天馬が駆け抜けていきそうな美しい稜線でしたね。

Imgp2940

”駒の池”に戻ってきました。

午前9時半、休憩スペースには沢山の登山者が休んでいます。

一休憩するつもりでしたがパスして下山しました。

午前11時ちょい前、駐車スペースに到着。

見頃を迎えた草紅葉に池塘群、それらのバックに名峰を眺めるという、何とも贅沢な秋の山旅でした。

« 山行計画 と カメラ | トップページ | 尾瀬 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

素晴らしい景色ですね!
天気もよかったようで何よりです。

それにしても中門岳まで行かれて6時間とは健脚ですね。
僕にはちょっと・・・

でも、この景色は一度みてみたい。
今度東北遠征の帰りに、条件が良ければ行ってみようかと思います。

tono さん、こんにちは、

おかげさまで、天気に恵まれましたが、山は天気次第ですね。

僕の調べた予報では昼前から曇りでしたので、往路はちょっと飛ばし気味に登りました。前回の巻機山ほどではありませんでしたが、復路の下りが足にきました。

素晴らしい眺めでしたので、是非足を運んでみて下さい。

次はどこに登ろうかと、早くも思案中です。

素晴らしい景色ですね。
天気が良くてうらやましい。
僕は24日に至仏山に登りました。
尾瀬の湿原はきれいでしたが、至仏山は雲の中で眺望ゼロの苦行でした^^;

えふ さん、こんばんは、

前日尾瀬、至仏山に登られたのですか。
尾瀬も草紅葉が綺麗だったのでしょうか?
当日は至仏、燧、尾瀬ヶ原が良く見えましたよ。

天気次第ですね。

尾瀬の草紅葉、きれいでしたよ。
FaceBookに投稿してるので良かったら見てみて下さい。燧ヶ岳が良く見えました。
尾瀬の草紅葉の盛期は今週末あたりかも。

えふ さん、

尾瀬は晴れていたのですね。
写真見たら、週末に出掛けてみたくなりました。

FBですが、どうでもよい通知がやたらと入るので、通知を不許可にして、放置状態なのです。すみません。たまにチェックさせて頂きます。

素晴らしいですね。私にはとても無理です。羨ましいです。最近はプールと山で体調改善をめざしてますが、疲れやすいのは変わりません。

mori さん、

コメントありがとうございます。

僕の変な行動パターンはお勧めしません。登山の疲れ以外に、往復の運転で目が疲れますので、正直体に良くないと思います。体調改善どころか、逆効果ですね。

ただ、この山の登山に関しては、同じ日に、小4の女の子連れの家族や、結構な年配者(ヨロヨロしてました)も登られていましたし、危険な個所もなかったので、特に心配ないと思いますよ。

いまだにふくらはぎの筋肉痛が抜けません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 会津駒ヶ岳:

« 山行計画 と カメラ | トップページ | 尾瀬 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック