« 八丈ブルー | トップページ | 八丈島観光 »

2017年3月24日 (金)

八丈富士

2017.3.20

Imgp0783_2

島での登山

旅行2日目の午前中は軽登山をしました。

Imgp0744

Imgp0747

七合目の登山口から、石の階段をひたすら上がります。

その数、1280段だそうです。

Imgp0753

テクテクテクテク上がって、お鉢(火口丘)の縁に着きました。

ここまで登ってくると、想像以上の眺望に感無量です。

天気に恵まれ、青い空と青い海を眺めることができてテンション上がりますね。

Imgp0767

Imgp0765

Imgp0777

風が強くて少しハラハラしましたが、前見ても、振り返って見ても、素晴らしい眺めでした。

火口を覗くとちょっと怖かったですけどね。

Imgp0785

程なくして山頂にたどり着きました。

標高は854.3mだそうです。

Imgp0793

眺めはとても良いのですが、風が強いので長居はできません。

じっとしていると寒くなってくるし、お鉢巡りを続けます。

Imgp0796

Imgp0797

振り返って山頂方向を眺めます。

気分はまるで本州の高い山々の稜線を歩いているよう。すばらしい爽快感です。

山頂を越えると、進行方向左手に八丈小島が見えるようになります。

Imgp0799

Imgp0803

Imgp0812

やや霞んでしまってますね。

空気が澄んでいれば御蔵島も見えるらしいですが、この日はダメでした。

ちなみにガイド本によれば、年に一度くらいは本物の富士山が見えることもあるのだとか。

Imgp0813

Imgp0816

Imgp0821

火口を覗きこむと、絶壁だったりして、結構迫力あります。

秘境感満載です。

Imgp0819

この辺り、お鉢の北側ですね。

Imgp0824

Imgp0832

かなりのスリル感。

八ヶ岳を思い出しました。

Imgp0839

この辺りにくると、お鉢巡りもそろそろ終盤です。

それにしても素晴らしい眺望です。

Imgp0841

ぐるっと回って、下から登ってきた分岐点に戻って来ました。

当然、下りは楽ちんでしたよ。

登山口からお鉢を回って下りてくる今回の行程、所要時間は2時間強というところでした。

本物の富士登山を経験している妻Kいわく、本場のお鉢巡りは大したことなかったそうです。今回の八丈富士のお鉢巡りは、足場が険しく、体力を要した、とのことですが、本当でしょうかね?

実は後から知ったのですが、火口に下りられるようです。下には池と浅間神社があるそうで、ロケーション的にパワースポットと言ってもよさそうですよね。

機会があれば、次回はそちらも行ってみたいと思います。

« 八丈ブルー | トップページ | 八丈島観光 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

まさに絶景ですね!
近くの神津島も絶景でした。

mori さん、こんにちは、

すぐ眼下に青い海を眺められるので、なかなかない景観を見ることができて良かったです。

風が強く、絶壁もあって、スリルもありました。

神津島も良いのですね。
最近、伊豆諸島に興味が湧いています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 八丈富士:

« 八丈ブルー | トップページ | 八丈島観光 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック