« ウッドデッキの塗装 | トップページ | カブトムシ »

2017年6月10日 (土)

甲武信岳

2017.6..10

Imgp2699

結構大変でした。

梅雨の晴れ間(と言っても梅雨入り宣言後雨降っていませんけど)、出かけて来ました。

今回選んだ甲武信岳は、名著”日本百名山”で深田久弥が”「奥秩父のへそと言いたい」と記した山。

西沢渓谷入口の駐車場から、”徳ちゃん新道”で上り下りするピストンです。

Imgp2667

まだ薄暗い中、手元の時計で4:17に歩き始めました。

始めのうちは、西沢渓谷のハイキングコースになっている林道をテクテク歩きます。

Imgp2673

ここからいよいよ登山道に入ります。

戸渡尾根を歩いて、甲武信岳手前の木賊山まで向かうのですが、結構傾斜がきつくて、なまっている体にはかなり大変でした。

ガイド本によれば、ここから山頂までの標高差は1325m。

所々木々の隙間から展望があるのですが、開けた場所はなく、ひたすら登ります。

Imgp2683

かなり登ってきて現れた展望スポットからは、富士山が綺麗に見えました。

Imgp2674

朝は空気が澄んでいていいですね。

でも、富士山がハッキリ見ええたのも朝早いうちだけ。

Imgp2690

この次の展望スペースでは、ちょっと霞んできています。

その他は特に写真に収めるような眺めもなく、登山道はまだまだ続きます。

Imgp2694

木賊山の山頂に近づくと、登山道に残雪を認める個所が数か所ありました。

事前情報で、残雪ありとあったので、前夜に慌てて軽アイゼンを購入しましたが、全然必要ありませんでした。

Imgp2698

木賊山に到着。確か7:50頃だったと思います。

標高は2469mもありますが、展望はゼロ。

ここをパスして、木賊山からの下りで、ようやく目的の甲武信岳が姿を現しました。

Imgp2702

トンガって見えるのが甲武信岳。

なるほど、拳と形容したくなるのも分かります。

向かって左から右に、物凄い風が吹いていました。

付近に生えている木々の枝から察するに、普段から風向きは同じなのでしょうかね。

ここを下るとすぐに、甲武信小屋に到着。

Imgp2709

Imgp2711

山バッジを購入しました。

ここからは、目指す甲武信岳山頂はあと少し。

Imgp2722

Imgp2731

8時半ちょい前、標高2475mの頂きに立ちました。

立派な標識を、逆光と順光で撮っておきました。

Imgp2726

Imgp2729

富士山はもう霞んでしまっていますが、周辺の展望は良かったです。

が、物凄い風...

皆さん山頂に長居せずに、そそくさと立ち去って行きます。

強風はやむ気配なく、時折砂埃まで舞う状況。僕も早々に下山します。

10分も滞在しなかったかな?

Imgp2735

Imgp2737

Imgp2739

Imgp2747

山頂直下のイワカガミ、味わい深い甲武信小屋、に別れを告げながら、深い森の中を下ります。

Imgp2745

そうそう、戸渡尾根ではシャクナゲが見頃を迎えていました。

11:40、駐車場に到着しました。

Imgp2752

すぐ近くの道の駅で、”信玄鶏のから揚げ丼”食べて帰りました。

渋滞もなく2時半前に帰宅。

今年、いや昨年からチャレンジしたい山があるのですが、今日の疲れ具合からして、まだまだだと感じました。

その山の名は...、内緒です。

公表しておいて、登れないと恥ずかしいですからね。

« ウッドデッキの塗装 | トップページ | カブトムシ »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

ぎょえー
甲武信を西沢ピストンで7時間20分ですか!
凄すぎます。
コースタイムで10時間だったような・・・

これならどの山に行っても大丈夫ですよ。
チャレンジされたい山、公表しちゃいましょう(笑)

tono さん、こんばんは、

いやいや、7時間程度なら可能なことは分かってきましたが、それ以上は未知数ですので...
途中で歩けなくなってしまったら、と思うとなかなか勇気出ませんね。

ちなみに、手元の本ではこのルートの標準タイム9時間10分でした。

その山、特別高い山ではないですよ。僕好みの景色が待っているような気がして、とても気になっています。

相変わらずすごい機動力ですね。私の方は先日川苔山を登頂し、少し自信がついてきたところです。

mori さん、こんばんは、

川苔山、新緑が良さそうですね。昨年秋に行ってみたかったですが、機会を逸しました。

ちょうど、明日放送予定の百名山(BS)は確か川苔山だったような。楽しみです。

機動力ですか...
マイカー登山だと、どうしても駐車と渋滞がついて回りますから、毎度こんな感じになってしまってます。下山後、ビールをグイッとできないのも難点です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538901/65394419

この記事へのトラックバック一覧です: 甲武信岳:

« ウッドデッキの塗装 | トップページ | カブトムシ »