« イーハトーヴの旅 | トップページ | 四ツ谷大木戸 藪蕎麦 »

2017年7月23日 (日)

硫黄岳 & 横岳 (八ヶ岳)

2017.7.22

Imgp3386

絶好の夏山登山でした。

なんだか最近遊んでばかりいるように思われそうですが...

残っている有給休暇が消えてしまう前に、徐々に消費しているだけです。

釣りに使っても良いのですが、どうせ釣れないのは分かっているので...、このところは登山や写真に逃げています。

この日は八ヶ岳登山、3週間前に登山口まで来て断念したプランの再挑戦です。

今回コマクサが見頃だったので、結果的に前回諦めて良かったと思いました。

今回のルートは、

往路、桜平登山口(5:06)→夏沢鉱泉(5:25)→オーレン小屋(5:55)→夏沢峠(6:30)→硫黄岳山頂(7:20、7:45)→硫黄岳山荘(8:00)→横岳山頂(8:40)

復路、横岳山頂(9:15)→硫黄岳山頂(10:00)→赤岩の頭(10:15)→峰の松目(11:00)→オーレン小屋(11:30)→桜平登山口(12:20)

南八ヶ岳の中央~北側エリアを巡りました。

例によってまだ薄暗いうちに桜平に来ましたが、一番奥(上)の登山口すぐ近くの駐車場はすでに満杯で、引き換えして少し下(中)の駐車場に停めました。

Imgp3311

Imgp3313

駐車場(中)から登山口まで、林道を歩いて10分程度でしょうか。

手元の時計で5:06に歩き始めました。

Imgp3314

Imgp3317

夏沢鉱泉を通過、オーレン小屋に着きました。

ここまで、約1時間

Imgp3322

Imgp3327_2

オーレン小屋から夏沢峠まで、緩やかな登りです。

Imgp3329

Imgp3330

南北八ヶ岳の境とされる夏沢峠

画面左に下れば、本沢温泉。一度泊まってみたいですね。混まない時期に。

オーレン小屋からここまで、出会った登山者は数組と中高年団体一組のみで、閑散としていました。

Imgp3333

Imgp3334

ここからも見える爆裂火口(硫黄岳)を目指します。

この先も、硫黄岳までは登山者はほとんど会いません。

Imgp3337

Imgp3342

Imgp3353

Imgp3360

高い樹木はなく、岩と草の斜面を進みました。

進行方向には硫黄岳、振り返れば北八ヶ岳の山々。素晴らしい眺めです。

Imgp3373

そして、硫黄岳(2760m)。

ここにはハイカーがボチボチいました。

Imgp3371

Imgp3366

Imgp3363

広々した山頂からは、四方を見渡せます。

まだ、目指す横岳方面は雲がかかっていませんね。

Imgp3390

硫黄岳を下り、八ヶ岳の縦走路を横岳を目指して進みます。

Imgp3415

Imgp3405

硫黄岳山荘の周辺から、横岳にかけてはコマクサが沢山咲いていました。

さすが高山植物の女王、凛として綺麗ですね。

雲行きが怪しいので、コマクサは帰りにじっくり撮ることにして、先を急ぎます。

Imgp3431

Imgp3440

Imgp3451

Imgp3453

横岳山頂付近には、まだ大丈夫そうですが、赤岳、阿弥陀岳は雲がかかり始めて来ました。

振り返れば、パスしてきた硫黄岳のなだらかな山容が綺麗に見えました。

Imgp3458

横岳山頂(2829m)

Imgp3462

Imgp3463

Imgp3464

直後は見晴し悪くありませんでしたが、あれよあれよという間に...

Imgp3469

Imgp3472

せっかくなので雲が晴れるまで、休憩がてら30分ちょい山頂で涼みました。

Imgp3497

Imgp3502

再び頂上からの景色を眺めてから、下山を開始。

ガスの中、沢山のコマクサを見ながら来た道を引き返しました。

Imgp3514

Imgp3515

Imgp3518

Imgp3520

Imgp3528

Imgp3530

Imgp3533

Imgp3537

Imgp3538

Imgp3548

Imgp3553

下ってきた道を振り返ると、雲がかかっているのは上の方だけというのが分かります。

復路の硫黄岳山頂は通過しただけ。

夏沢峠ではなく、”赤岩の頭”を経由して、”峰の松目”を目指しますことにしました。

Imgp3558

Imgp3563

”赤岩の頭”(2656m)を通過。

オーレン小屋からの道が合流するので、登山者も結構いました。

しかし、”峰の松目”への道は誰もいません。

Imgp3564

Imgp3567

途中眺める硫黄岳、そして”峰の松目”。

樹林帯の急坂をヒーコラ登って、

Imgp3569

”峰の松目”(2567m)到着

”赤岩の頭”からここまで、誰とも会いませでした。が、一休止していると一組やってきて、お互いにビックリです。

ほとんど誰も来ない理由は分かりました。樹木に囲まれていて、眺望ゼロ。

ここにはわざわざ来ることは、もうないでしょう。

Imgp3572

来た道を引き返し、ここからはオーレン小屋に向かう道を進みます。

オーレン小屋からは朝来た道を下ります。

Imgp3577

夏沢鉱泉をパスし、12時20分、桜平登山口に戻って来ました。

下りの道中、沢山の登山者とすれ違いました。単独、カップル、友人同士、何組ものツアーみたいな団体、小さな子供連れの家族...

駐車場で帰り支度をしていると、ワンボックスのタクシーでまだまだやってきます。この時間から山に入るので、小屋泊なのでしょう。

3時間も歩けば展望抜群の稜線まで上がれて、少し足を伸ばせば高山植物の群生、そして、大迫力の山岳大パノラマが待っていますから、人気あるわけですよね。

時期未定ですが、次は天狗岳などの北エリアを狙いたいですね。

« イーハトーヴの旅 | トップページ | 四ツ谷大木戸 藪蕎麦 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

ヤツは天狗、硫黄が入門なのに、管理人さんは逆ですね・・・硫黄から稜線(横岳、赤岳など)きれいですよね・・・

mori さん、こんばんは、

いつもコメントありがとうございます。

硫黄岳付近の人の多さに驚きましたし、下山時にも次から次へと登山者が上がってきたのでビックリしました。これまで、八ヶ岳は本格的な登山者しか行かない山と思いこんでいましたが、場所にもよるのでしょうかね。

改めて、週末は駐車場が鬼門だと感じました。

天狗と硫黄は丹沢の塔ノ岳と同じぐらいですこし自信がついてきたら登るんだと思います。硫黄は近辺の中学生は山小屋に泊まって学校で登るんだそうです。ところで実は私週末仙丈ケ岳に行ってきたんです。山小屋泊(シャワーは使えた)。無理かと思いましたが、何とか無事頂上につき、天気が悪くなってきたときになんとライチョウの親子を見たんです。あの感動は忘れられません。

mori さん、こんにちは、

仙丈ケ岳、いいですよね。今時分は高山植物が見頃でしたでしょうか?、ライチョウに遭遇なんて、うらやましいです。

実は、この日(7/22)は甲斐駒と迷ったんですが、バス利用が面倒くさくて、八ヶ岳にしてしまいました。

ところで、山小屋って北沢峠の”こもれび山荘”でしょうか?
シャワー使えるってのは意外でした。それなら家族連れていけるかもしれないので、良い情報をありがとうございました。

北沢峠の長衛小屋というところで、大部屋しかないのですが新しく、きれいで日曜日に泊まったこともあり割とすいていて快適でした(満員だと大変そうです)。家族づれは厳しいかもしれません・・・

追伸ですが、八ヶ岳の夏沢鉱泉は家族連れでも快適です。風呂もあります(去年泊まった)。あずさの始発から車で往復ともに送迎してくれるサービスもあり快適でした。

mori さん、

またまた、貴重な情報ありがとうございました。
今後の参考にさせて頂きます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/538901/65570598

この記事へのトラックバック一覧です: 硫黄岳 & 横岳 (八ヶ岳):

« イーハトーヴの旅 | トップページ | 四ツ谷大木戸 藪蕎麦 »