« 渋温泉 | トップページ | 梅の花 »

2018年2月10日 (土)

小布施

2018.2.4

Imgp7645

旅行2日目

前泊地、渋温泉から車で約30分。

小布施に立ち寄りました。今回2回目です。

一番の目的は、葛飾北斎の天井画(鳳凰)を見ること。

中心街から少し離れた岩松院という寺です。

Imgp7622

立派な山門をくぐった先にある本殿に鳳凰の画が描かれていますが、そちらは撮影不可。

代わりにこの山門の天井を写しておきました。

Imgp7623

普段は目も向けませんが...

北斎の天井画(鳳凰)は見事でしたが、寒くて寒くて...

寒さに耐えられず、長い時間の鑑賞はできませんでした。

ここ来るなら、冬は除外ですね。

ちなみに、この寺、小林一茶がカエルの句を詠んだ場所でもあるらしく、カエル絡みの展示もありました。

小布施訪問の目的、その2は、モンブランを食べこと

市街地に車で移動、

Imgp7644

”栗の木Terass”という店へ。

前回小布施に来た時は年末で、店が閉まっていたので、今回は念願かないました。

栗の時期ではありませんが、小布施といったら栗、ですからね。

Imgp7633

まあ、地元のケーキ屋で買ったものと大差ないな...、というのが率直な感想です。

そして、目的その3はこちら、

Imgp7650

この酒屋(酒蔵)、今どき珍しい量り売りもしているらしいです。

Imgp7652

閑散期なのでしょう、観光客も少なくガランとしていました。

まだまだ未知の領域が多い北信エリア、また訪れたいです。

« 渋温泉 | トップページ | 梅の花 »

旅行・地域」カテゴリの記事

散歩・散策」カテゴリの記事

コメント

前、テレビで小布施の「北斎館」の祭屋台の天井画(波)やってて圧巻されたのを思い出しました。いつか訪れたいところです

mori さん、こんばんは、

僕は最近放送されていた、NHKの歴史ヒストリアで北斎親子の会の時に知りました。

それで、見に行ったのですが...

寒くて寒くて、ゆっくりと鑑賞することができませんでした。冬場は避けた方が良さそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小布施:

« 渋温泉 | トップページ | 梅の花 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック