« 雲取山 | トップページ | 釣りの準備 など »

2018年5月21日 (月)

尾瀬

2018.5.20

Imgp9200

水芭蕉の尾瀬ヶ原へ、

春~初夏の尾瀬ヶ原に出向きました。

今回は、職場の人に声を掛けられて、計3名での山行です。

Imgp9113

鳩待峠に到着した時、寒さを感じました。

なんと前夜雪が舞ったようで、笹の上にうっすら残って驚きました。

戸倉のパーキングでは日が差していましたが、山の上は違うんですね。まあ、良くあることです。

予報では、午前中には晴れるので来たいして歩き始めました。

Imgp9125

Imgp9128

”山の鼻”へ下る途中の湿地帯で、沢山の水芭蕉が姿を現し、気分が高ぶってきます。

気分に合わせるかのように、散策路に日差しも差し込み始めてきました。

Imgp9139

ほどなくして”山の鼻”に到着。

天気は回復し、青空が見えるようになっています。

Imgp9161_2

振り返れば、残雪のある至仏山も良く見えます。

しかし、進行方向にある燧ケ岳には、まだ暑い雲がかかっていました。

Imgp9170_2

何度も何度も、振り返ってしまいますね。

Imgp9209

そして、ビュースポットにやってきました。

よく紹介されている光景です。

流れてきた雲が至仏山にかかっているのが、ちょっと残念かな...

この後、”竜宮”を越えて、”見晴”へ向かいますが、

Imgp9217

燧ケ岳はまだこんな感じです。

Imgp9222

でもだんだんと、雲が減ってきました。

Imgp9224

”見晴”で、コーヒーを淹れて小休止とします。

まだ一部の山小屋しか営業していないのは、予想外でした。

一服後、尾瀬沼を目指して歩きを再開しました。

Imgp9226

たまに登山者とすれ違うこともあるので、尾瀬沼まで行けない心配はありませんでしたが、雪が残っていて難渋する区間が多々ありました。

Imgp9227

途中の湿原(”白砂田代”)が見えた時は、ちょっとホッとしました。

Imgp9228

完全に貸切状態です。

Imgp9233

尾瀬沼の畔、”沼尻”です。

焼失した以前の休憩所は、建て直されていました。

土台が鉄筋っぽくなっていたのが、残念に思ってしまいました。耐久性を考えると、仕方ないですかね。

ここから、”三平下”まで、沼に沿って南下します。

Imgp9236

Imgp9239

燧ケ岳にかかっていた雲は、完全に消えました。

尾瀬沼を回る道も、残雪が結構あり、難儀しました。

Imgp9241

”三平下”

ここも閑散としていました。この休憩所もまだ営業前。

”大清水”に抜ける道が通行できなかったら、と一瞬焦りましたが、”大清水”からやって来たという登山者がいたので、一安心です。

Imgp9245

”三平峠”を越えて、”大清水”へ。

タクシーを呼んで、戸倉の駐車場に戻りました。

Imgp9221

尾瀬沼はまだちょっと早かったですが、生き生きと輝いている水芭蕉を見ることができて、楽しかったです。

« 雲取山 | トップページ | 釣りの準備 など »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんばんは、ご無沙汰しております。
1日違いで僕も行ってきました。
鳩待から竜宮・ヨッピ周回コースですが。

残雪と水芭蕉をテーマにしたのですが、今年は季節の進みが早いですね。

tono さん、こんにちは、

そうでしたか。
水芭蕉がたくさん咲いていて綺麗でしたね。

尾瀬ヶ原だけを回るのが正解でしたよ。
この時期の尾瀬沼へは、今後はもう行くことはないと思います。

こんにちは!
こちら以前TVで見ました。
季節は忘れましたが、素敵な場所!という印象でした。
こちらも私が見る事のない景色の写真をありがとうございます😊
どこも雄大な景色ばかりですね🏔️

sakura さん、コメントありがとうございます。

近年、登山やトレッキングの番組が多い気がしますが、尾瀬は有名所なので、ご覧になられたことがあると思います。

春の水芭蕉、夏のニッコウキスゲ、秋の草紅葉、その他たくさんの花々を楽しめます。

高山植物も可憐で良いですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾瀬:

« 雲取山 | トップページ | 釣りの準備 など »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック