« 釣り道楽 | トップページ | 白山神社 »

2018年6月14日 (木)

焼石岳

2018.6.10

Imgp9853

旬の花に会いに、

釣りの帰り、開山間もない焼石岳に寄ってみました。

6/8、6/9と2日間釣りをしたのですが、自分含めて他の釣り人も釣果はいまひとつ...

こういった場合を想定して、登山の装備も車に積んできました。

曇りの予報でしたが、ハクサンイチゲの群落を見るには今しかありません。

ということで、早朝に八幡平を発ち、つぶ沼の登山口にやってきました。

Imgp9780

ここの駐車場、ガラガラです。天気のせいだけでありません。

途中、中沼登山口に向かう林道の入口には”満車”の看板と一緒に整備員が立っていたので、そちらは一杯ということです。

7:10登山開始です。

Imgp9783

Imgp9868

駐車場があんな感じなので、静かな山行をしばし楽しめました。

ブナの森の中をダラダラと長い登山道を進みます。

Imgp9784

Imgp9796

しばらくすると残雪区間が現れ、その先に水芭蕉の群落が待っていました。

こんな天候でも、美しい水芭蕉を見ると癒されますね。

Imgp9798

中沼からの登山道と合流し、しばらくすると”銀明水”という地点に到着。

この前後から、他の登山者をボチボチ見かけるようになりました。

Imgp9801

結構雪が残っていましたが、踏み跡をたどれば特に怖い思いをすることはなくパスできました。

念のために軽アイゼンを持ってきましたが、使う場面がありませんでした。

登山道の脇には、沢山の花が咲いていました。

Imgp9803

Imgp9805

Imgp9807

Imgp9810

Imgp9813

Imgp9816

Imgp9834

すぐに名前が出てきたのは、イワカガミだけ...

写真に残しておいて後から調べる、というのもアリかな。

(まだ調べていませんが...)

Imgp9825

”姥石平”を通過。

この辺りから、ハクサンイチゲの大群落を眺めながらの山歩きとなります。

Imgp9829

Imgp9832

晴れていたら、どんな絶景だったのでしょうか。

まあ今回は日程に選択の余地がなかったので、仕方ありません。

ガスの中で見る、たくさんの白い花というもアリかな...

Imgp9837

最後の一登りを終えると山頂です。

10:30到着。

強風と視界の悪さのせいか、誰も滞在していませんでした。

標識の写真を撮って、そそくさと下山です。

Imgp9839

Imgp9843

Imgp9846

山頂から姥石平辺りをぐるっと周る予定でしたが、見晴し悪いので、来た道を返しました。

こんな天候でも、たくさんの登山者とすれ違ったので、この山の人気の高さを知りました。

Imgp9852

風でレンズ(フィルター)全面に細かな水滴が付いて、ソフトフィルターを通したような感じの画も残っていました。

姥石平、銀明水を経て、来た道を引き返します。

Imgp9860

Imgp9866

水芭蕉の群落に改めて感激しながら下ります。

中沼への分岐点以後、一人の登山者とも出会うことない長い道が続きました。

13:20、無事につぶ沼に帰還。

来年のこの時期、また来てみたいな、と思いますが、

次回はできれば、気合を入れて(暗いうちに駐車)中沼登山口からか、車で県境を越えて秋田県側からにしようかな。

« 釣り道楽 | トップページ | 白山神社 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは
焼石登られましたか!

中沼コースは中沼が見られるのでお勧めです。
ただ晴れの休日は5時くらいには駐車場が満車になるようなので、平日に行くというのもありかもしれません。

tono さん、こんにちは、

林道入り口で、整備員が立っていたので、覗いてみることもしませんでしたが、普段からかなり厳しいのですね。

次回は平日狙ってみます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 焼石岳:

« 釣り道楽 | トップページ | 白山神社 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック