« 唐松岳 | トップページ | 出窓にて »

2018年8月13日 (月)

燧ケ岳

2018.8.12

Imgp1330

尾瀬の名峰へ、

山の日から一夜明けた8/12、今回は家族4人で出かけて来ました。

小学校の夏休みの自由研究のテーマ、なかなか思いつかないようなので、”自然保護への取り組み”とかどうかな、と提案。

無理やり理由をつけて、急遽尾瀬に出かけることとなりました。

尾瀬ヶ原じゃないの?と思われるでしょうが、今回は尾瀬沼です。

Imgp1259

Imgp1264

午前5時直前に大清水に着きましたが、始発には間に合わず、次の5:30発の便で、一之瀬休憩所へ。

近年運行が始まったシャトルバスですが、3.2kmの林道歩きがなくなりました。これを利用すれば、尾瀬沼まで1時間強で行くことができます。

徒歩のみだと2時間半以上要した大清水からのルートも、他のルートと比べて遜色なくなりましたね。また、尾瀬沼へ行くのも、福島県側から入らなくて済むようになりました。

5:45尾瀬に向かって歩き始めました。

Imgp1265

Imgp1266

Imgp1269

Imgp1268

Imgp1271

三平峠までは上り、そこからは下って三平下に到着。

ここで一休止と思いましたが、トイレが改装工事中で使用できなかったため、通過。

尾瀬沼へは、尾瀬ヶ原から何度か来たことがあります。しかし、歩くのはいつも沼尻からここ三平下まで。

この先、沼山峠方面へ向かう東岸沿いを歩くのは今回初めて。

Imgp1272

Imgp1274

ちなみに、燧ケ岳は雲の下。

Imgp1276

Imgp1277

何かの卵?や顔っぽく見える木など、楽しいです。

Imgp1283

程なくして、長蔵小屋やビジターセンターのある福島県側の玄関口に到着。

軽く休憩したり、トイレを済ませます。

ここで、燧ケ岳登山組と尾瀬沼トレッキング組に分かれての行動となります。

燧ケ岳に向かう登山道(”長英新道”)まで、尾瀬沼沿いの木道を歩きます。

Imgp1286

Imgp1288

Imgp1292

歩き始めてすぐに大江湿原をチラッと横切りましたが、素晴らしい場所ですね。

ニッコウキスゲの時期にも歩いてみたいものです。

Imgp1295

さて、ここが”長英新道”への分岐点です。

Imgp1297

Imgp1296

ちなみにこの先にも”浅湖湿原”(あざみしつげん)という場所があるので、ちょっとだけ覗いてみました。

ここから眺める燧ケ岳はまだ雲に隠れています。

Imgp1298

ちょうど8時頃に登山道に入りました。

初めのうちは木道の上を進みましたが、しばらくするとなくなり、徐々に勾配を増して行きます。

Imgp1299

最初のビュースポットから見た尾瀬沼です。

”長蔵小屋”周辺や、対面の”三平下”が良く見えました。

Imgp1301

更に進むと、まだガスが抜けきらないものの、燧ケ岳が見えるようになって来ました。

所々階段の付いた急登をゼーゼー言いながら進んでいくと、開けた場所に出ました。

Imgp1303

”ミノブチ岳”です。

実は燧ケ岳には5つのピークがあって、ここはその一つのようです。

ここから”俎嵓”(まないたぐら)方面を望むと、背後に青空も見えるようになっています。

Imgp1310

尾瀬沼も良く見渡せました。

しばしの休息後、”俎嵓”目指して登山を再開。

Imgp1316

Imgp1317

先ほどの”ミノブチ岳”と尾瀬沼、途中から尾瀬ヶ原も眼下に望めます。

次第に岩登りのような感じにもなり、

Imgp1319

10時、”俎嵓”(2346m)

尾瀬ヶ原越しにデンと座っている燧ケ岳を眺めて25年以上、ついに憧れの頂きを制覇した達成感にふけることができました。

風に当たりながら約15分休憩しました。

目に前には更に標高の高い”柴安嵓”(しばやすぐら)が待っているし、”俎嵓”山頂は岩がゴロゴロしていて開けてなく、しかも登山者が次々に上がってくるので、長居できない感じでした。

Imgp1350

一旦鞍部に下って、再び登りますが、約15分で”柴安嵓”に到着。

10:30頃だったと思います。

先ほどのピークより10m高い、標高2356m。

Imgp1346

こちらは”俎嵓”とは違って、開けた山頂部でした。

景色を眺める人、談笑しているグループ、食事をとっている人、様々です。

達成感という点では、最初の”俎嵓”の方が感慨深かったかな。

最初というのもありますが、狭い岩場の山頂部が、いかにも山のてっぺんという感じがするというのも大いにあると思います。

Imgp1358

”俎嵓”、会津側は雲がかかっています。

Imgp1357

尾瀬ヶ原を覆う雲は風で流されているので、しばらく待ちましたが、至仏山が顔を出すことはありませんでした。

やはり15分程度で下山を開始。

下山と言っても来た道を引き返すので、再び”俎嵓”のピークを経て、”ミノブチ岳”へ。

Imgp1363

”ミノブチ岳”から燧ケ岳を振り返ります。

”長英新道”を下って、尾瀬沼におりました。

Imgp1371

Imgp1375

13:10頃だったかな?

尾瀬沼沿いの道に下りて来ました。

Imgp1379

”浅湖湿原”越しに燧ケ岳を眺めます。

Imgp1382

Imgp1384

気持ちの良い、大江湿原を通過し、

Imgp1388

ビジターセンターに戻って来て、尾瀬沼トレッキング組と合流。(13時半前)

そちらも、まずまず楽しめた様子でホッとしました。

Imgp1395

Imgp1397

Imgp1402

Imgp1407

Imgp1410

休憩したり、買い物したり、写真を撮ったりして、しばらくまったり...

今回、尾瀬沼の印象が一変しました。

これまで歩いてきた沼尻~三平下の”南岸コース”は、道も険しく、眺めもさほど良くなかったので、わざわざ来るほどないな、と思っていたのですが、福島県側の玄関口である東側は、歩きやすいし、湿原もあり、機会があったら宿泊してみたいと思いました。

更にトレッキング組の話によると、”北岸コース”を進み、沼尻平付近の池塘が素晴らしかったとか。是非足を運んでみたいです。

三平下、三平峠、を通って、一之瀬休憩所まで引き換えし、15:30のシャトルバスで大清水に戻りました。

Imgp1418

結構歩きました。

僕にとっては、これまで諦めていた群馬県側から燧ケ岳に日帰りで行くことが出来たのは、シャトルバス開通のおかげです。

プラス2時間半はさすがにきついですからね。

« 唐松岳 | トップページ | 出窓にて »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

こんにちは😊

素晴らしい景色と眺めと自然を見せて頂き
登山の素晴らしさを読ませて頂き
ありがとうございます(*^^*)♪

登山をしたことがない私ですが、自分が登ったかの様な感動をさせて頂きました(^^)

私も行ってみたい!と思いましたが
100%無理でした(^^;
なのでこうしてお写真を拝見させて頂いて
いつも行った気になっています♪

でも本当に素晴らしいところですね❗

自然を満喫されて羨ましい限りです。

これからも楽しみに読ませて頂きます☺️

sakura さん、こんにちは、

尾瀬は山小屋に泊まって、朝夕の景色を楽しむのがベストだと思いますが、なかなか都合がつかなくて。

登山でなくても、自然を感じるのは良いですよね。

いつも、コメントありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 燧ケ岳:

« 唐松岳 | トップページ | 出窓にて »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック