« 岩手山 | トップページ | 燧ケ岳 »

2018年8月 6日 (月)

唐松岳

2018.8.5

Imgp1185

プチアルペン気分を味わいに、

北アルプスへ行ってきました。

この夏の日本列島、北日本であろうがなかろうが、避暑地であろうが都会でろうが、何処へ行ってもとにかく暑いようなので、標高の高い所なら少しは涼しいかな、と。

で、思いついたのが、お気軽コースでの唐松岳への日帰り登山。

数年前に八方尾根まで行ったことがありますが、今回も前回同様、黒菱平からのリフト利用です。

6:50にリフトに乗り、途中の乗り継ぎで少し並んで、上に着いたのは7:15。

Imgp1129

Imgp1130

Imgp1132

Imgp1133

労せずして、標高1800m越えの別天地です。

取りあえず、八方池を目指して歩き始めました。

歩き初めから爽やかな空気ですから、体は軽いし、

Imgp1136

Imgp1140

開始早々から白馬三山を眺めながらの歩きで気分爽快、スタスタ歩けます。

Imgp1138

予想外に早く35分で八方池に着いちゃいました。

まだ観光客が少ない時間帯ですから、スローペースになる場面もありませんでしたので。

Imgp1146

一大景勝地である、八方池。

せっかくなので水面への写り込み撮りたいので、狙うこと15分...

Imgp1150

微風がなかなか止まず、これが精いっぱいでした。

さて、登山道に戻って唐松岳を目指します。

この先、しばらく樹林帯の中を進みますが、尾根道に出てからは、

Imgp1152

Imgp1157

右手に白馬三山、左手には五竜岳の絶景です。

Imgp1166

Imgp1168

段々迫って来て、迫力を増しますね。

Imgp1178

そして、目指す唐松岳が姿を現しました。

Imgp1189

一旦、頂上山荘に下って行きます。

Imgp1190

Imgp1195

山小屋前のからは、黒部峡谷を挟んで立山連峰がそびえたち、剣岳も良く見えました。

Imgp1200

あと一息、

Imgp1206

ほぼ10時ジャスト。

想定していたよりも、あっけなく登頂できました。

標高差が少ないということもありますが、前回の岩手山の苦労に比べると格段に楽でした。

気温と湿度、かなり大きいですね。

Imgp1216

Imgp1221

Imgp1222

Imgp1230

強風ではないのですが風が吹いていて、シャツ1枚だと涼しいを通りこして寒く感じてきました。

ということもあって、20分ほどの滞在で下山しました。

Imgp1247

Imgp1249

Imgp1256

花もたくさん。

12時半に八方山荘前にリフト乗り場に到着しました。

ちなみに昼過ぎの麓の白馬村の気温は、車の外気温計で33~35℃。

温泉で汗流したのに、車に戻って帰り支度していると、すぐに汗ダクダク...

白馬と言えば、高原リゾートで避暑地というイメージでしたがね。

登り始めると、次は何処に行こうかな、などといろいろ思案し始めて...、

これもまた楽しいですね。

« 岩手山 | トップページ | 燧ケ岳 »

登山・トレッキング」カテゴリの記事

コメント

実は私も唐松岳行ってきました(7月上旬)、私の脚力では丸山ケルンまでが精一杯でした。花がきれいで、白馬五竜の植物園でみたエーデルワイス、青いケシ、コマクサなどは忘れられません!

mori さん、こんばんは、

そうですか、先月行かれたのですか。
この日は天気に恵まれて、見晴し良かったです。
その分、麓は暑かったですけどね。

最近の興味の対象は、山になっています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 唐松岳:

« 岩手山 | トップページ | 燧ケ岳 »

フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック